読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長尾谷から古寺山へのハイキング(その3)古寺山

長尾谷から離れた時点で結構な時間がたっていたので、山伏道を通り古寺山へ進みましたが、失敗しました。
とにかく蚊が多く、アンダーウェアの上からでも刺してきます。さらにこの道は、枯れた谷道で荒れ気味な上に結構急登だったので、きつかったです。さらに途中から道を見失い、最後は強引に山頂に着きました。いくら好きな古寺山でも、真夏は無理でした。
f:id:Hanamaru:20150808122913j:plain

長尾谷から離れて少し歩くと、写真の分岐が現れます。迷わず古寺山へ進みましたが、後から後悔です。
f:id:Hanamaru:20150808122708j:plain

ほとんどが枯れた谷道で、しかもかなり不明瞭。時々テープのマーキングがあるので、それを信じて進みます。
f:id:Hanamaru:20150808122913j:plain

これは、古い炭焼窯?
f:id:Hanamaru:20150808123525j:plain

途中で出てきた案内図です。道があっているか不安だったんですが、どうやらここまでは合っている様子。それにしても、これを見る限りでは、長尾谷沿いに進めば、まだまだ絶景を楽しめたかもしれません。この夏の間、もう一回来るかも。
f:id:Hanamaru:20150808123604j:plain

そしてさきほどの案内図以降、道を外したようです。分からないけど、藪道でないので、山頂に向かって強引に進みます。
f:id:Hanamaru:20150808124117j:plain

やっと山頂の展望スペースに到着。ここだけはいつもと変わらず快適ですが、とにかく蚊が多い。
f:id:Hanamaru:20150808124834j:plain

今日の最後は、「からとの湯」に行くつもりなので、表参道を下ります。分岐は右へ右へと進むだけなので、分かりやすい。
f:id:Hanamaru:20150808125825j:plain

ここまで来ればあと少し。登山道のすぐ右に有刺鉄線があるので、触れないよう注意して進みます。
f:id:Hanamaru:20150808130728j:plain

出口が見えました。
f:id:Hanamaru:20150808131112j:plain

道路側から表参道入口を見ますが、何も表示なく、かろうじて奥に赤テープが見えます。
これじゃ、知ってないと分からないな。
f:id:Hanamaru:20150808131152j:plain

ようやくからとの湯に到着。
ここはお温泉だけでなく、定食もなかなか美味しいです。
f:id:Hanamaru:20150808133343j:plain

今回のコースを通って気付いたのですが、涼しいからと谷道を通っても、その後に普通の登山道通ったらやっぱ暑いです。あたりまえか。
全てのコースを涼しい谷道にするのは難しいが、夏くらいは谷道登った後、そのまま谷道下るでもいいかな、と思います。そうすりゃ、バテれば引き返せばいいだけなんで、気も楽になる。
次からそうしよう。