読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石楠花谷から古寺山へのハイキング(その1)石楠花谷前半

梅雨まっただ中ですが、雨は降らずに持っているので、一度行きたかった石楠花谷を歩きました。なかなか見所が多く歩きがいのある谷道でしたが、ルートファインディングが難しく、結局どこが正しい道なのかよく分かりませんでした。岩場も結構滑る場所が多く、何度もヒヤヒヤしました。こんな大変な道ながらも、見逃した滝も結構ありそうで、もう一度リベンジしたい気持ちになる、不思議な場所です。
f:id:Hanamaru:20150630104548j:plain
まずは取り付きまで。大池地獄谷を通った際、石楠花谷の入口は確認していたはずですが・・・
いや~看板をよく読んでませんでした。最初はガードレールの左側が登山道と思い進みましたが、迷ったあげく地獄谷の入口に着きました。
もう一度戻って看板を読むと、右にあるテニスコートの駐車場の中をを通っていくんですね。看板はちゃんと読まないと、です。
f:id:Hanamaru:20150630093404j:plain

駐車場を越えていくとすぐに石楠花谷が出てきました。右側に林道がありますが、谷筋を進むことに。
f:id:Hanamaru:20150630101219j:plain

左右に大きな岩がせり立っています。テニスコートの駐車場から5分ほどの場所なのに、なかなかの絶景です。
f:id:Hanamaru:20150630101534j:plain

そのすぐ先に、最初の滝を発見。名前は・・・あるかどうかも知りません。
落差の低い滝ながらも雰囲気のいい滝で、しかも河原のスペースも広く、ここで最初の休憩を取りました。
1つ残念なのは、この真上に高速道路の高架が通っており、車の走る音が常にしていること。耳を塞げば、いい場所です。
f:id:Hanamaru:20150630101717j:plain

ここから先、どう進んだのかよく覚えていませんが、道がはっきりせず、???という間に本道に合流した感じです。おそらく、さきほどの滝を登るともっと滝があるはずですが、林道からは確認できませんでした。
そうこうしているうちにこんな石碑が現れ、ここから先は踏み跡のしっかりした道になります。
f:id:Hanamaru:20150630103108j:plain

ここは石楠花谷堰堤すぐ西側。広場になっています。
f:id:Hanamaru:20150630103241j:plain

そのまま進むと、こんな道標が。石楠花谷の前半部分は、登山道と沢が少し離れているため、滝を見る時は道から外れて下りないといけない。滝見たさに来たのだから、ここは迷わず下りました。
f:id:Hanamaru:20150630103507j:plain

素晴らしい2段の滝です。2つの滝の間に、釜のような滝壺があります。
なかなかの絶景ではありますが・・・後ろを振り返ると、人工的な堰堤と高速道路の高架がまだ見えます。
f:id:Hanamaru:20150630104548j:plain

釜の部分を上から見ています。写真下部分にトラロープが見えます。
滝の右側を登る人もいると思いますが、岩肌はかなりツルツルで難しいんじゃない。釜の部分を覗くため少し登ってみましたが、滑りまくりです。
f:id:Hanamaru:20150630105104j:plain

そして林道に戻って少し進むと、分岐が出てきます。この登山道は、案内標識のない分岐がいくつかあり、結構迷います。
まあ、谷を見に来ているので、基本は谷に近い道を選びますが。
f:id:Hanamaru:20150630105415j:plain

ここまでで前半終了。迷った部分を含めると、ここまで1時間くらいかかってますが、高速道路高架の距離から見ると、進んだ距離は300mくらいでしょうか。石楠花谷、なかなか大変です。