読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エビデンスに基づいた教育を ~「学力」の経済学

ジュンク堂で目に留まり買った本ですが、久しぶりの「目から鱗」の良書でした。タイトルに経済学の言葉が入ってますが、教育と経済を融合して考えるわけではありません。「教育って、今でも根拠がどうのより、個人の思いが中心で動いているなあ」って思っていましたが、ちゃんと科学的に検証しようとする学問があるんですね。

「学力」の経済学

「学力」の経済学

著者の専門は教育経済学という、教育を経済学の理論や手法を用いて分析することを目的としている、応用経済学の一分野です。そしてその手法は、前向き実験、ランダム化比較試験など、医学では良く聞く手法。経済学と言うが実際は科学的手法を用いて教育を分析している。もちろん、これらの手法で出た結果がそのまま良い方法かは慎重に考えないといけないが、少なくとも今まで検証なく取られてきた教育的手段が、「根拠がない」と示されているものは結構ある。
そして日本の教育に対しても、いろいろ苦言を呈しています。根拠に基づいた教育政策ができてないこともありますが、最も重要なことは「国が教育に関する統計データをあまり公表していない」ことと指摘しています。データさえ公表されていれば、専門家がいろいろ分析できるのですが、それすらできない。日本の教育に関する問題も、いろいろ見えてきます。