読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芦屋地獄谷から金鳥山へのハイキング(その2)地獄谷後半

ハイキング 六甲山(南エリア)

芦屋地獄谷後半も、小さいながらも見応える滝ばかりです。ここは1mほどの小便滝が有名ですが、この滝は特別小さいだけで他の滝はそれなりの高さでした。今回は急ぎ足で通りましたが、次回はもっと時間を取り、ゆっくりと滝を眺めに行きたいと思います。
f:id:Hanamaru:20151017120505j:plain

芦屋地獄谷の滝で、直接登るのが大変な滝は2つくらい。今回は2つとも巻き道を通りましたが、もっと近づくと登り口が見えたかもしれません。この滝はそれほど大変な滝ではなかったんですが、岩面が斜めになっていたので、踏み位置を慎重に決めながら登って行きました。
f:id:Hanamaru:20151017120505j:plain

ここも、右側を通れば楽勝。
f:id:Hanamaru:20151017120602j:plain

ここは左側を通ります。なだらかな小滝が続きます。
f:id:Hanamaru:20151017120632j:plain

ここは右側だったけ?忘れました。
f:id:Hanamaru:20151017120712j:plain

そして沢筋正面に、巨大な岩が出現しました。
f:id:Hanamaru:20151017120805j:plain

巨岩すぐ右側には、岩壁があります。ここもロッククライミングで登るんだろうか。
f:id:Hanamaru:20151017120850j:plain

巨岩を過ぎれば、しばらくなだらかになります。
f:id:Hanamaru:20151017120941j:plain

そして変わった形の滝が出現しました。滝口の上に岩が乗っかった形になっています。ここは左側の巻き道を通りましたが。滝すぐ右側を登れたようです。
f:id:Hanamaru:20151017121011j:plain

その滝のすぐ上です。滑り台のような岩を進みます。
f:id:Hanamaru:20151017121235j:plain

ここもなかなかきれいな滝です。
f:id:Hanamaru:20151017121406j:plain

そしてついに、小便滝に到着。支流から流れているせいもあり、水量はごくわずか。笑えるくらい、小さな滝です。
f:id:Hanamaru:20151017121632j:plain

地獄谷入口から小便滝まで約30分の短い道のりでしたが、時間を忘れさせるくらい充実した滝群でした。危険と言うほどの谷道ではありませんが、小滝を言えどもそれなりの角度なので、滑ると危ない。ある程度の装備と経験が必要な谷道でした。