読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丹生山系縦走に挑戦(その4)稚児ヶ墓山~肘曲り~花折山

ハイキング 丹生山系

稚児ヶ墓山は、山頂が地味なものの、登り・下りとも谷筋が多く、山の雰囲気は丹生山系の中では一番のお気に入りです。ただ、アクセス悪いので、車がないとこの山だけ登るのは難しそう。
f:id:Hanamaru:20170320113059j:plain

続きを読む

丹生山系縦走に挑戦(その3)帝釈山~岩谷峠

ハイキング 丹生山系

丹生山を越えると、あとは東に連なっている山々を縦走していくだけです。まずは帝釈山です。こじんまりしたピークながら展望も良く、昼の時間帯なら間違いなくここで食べてただろうな。
f:id:Hanamaru:20170320103449j:plain

続きを読む

丹生山系縦走に挑戦(その2)丹生山

ハイキング 丹生山系

バス停を越えると、いよいよ丹生山への登りが始まります。道は六甲縦走路くらい明瞭で、標識もしっかりしてます。写真の箇所からの石段がきつかったですが、最後まで神々しい雰囲気の中、気持ちよく登れました。
f:id:Hanamaru:20170320093804j:plain

続きを読む

丹生山系縦走に挑戦(その1)藍那駅→丹生神社前バス停

ハイキング 丹生山系

ちょうど1年前は一人六甲全山縦走しましたが、今年は六甲よりやや北に位置する丹生山系の縦走に挑戦しました。ちゃんとした縦走路の地図があるわけでなく、道が分かるか心配しましたが、至る所に標識があり大丈夫でした。
f:id:Hanamaru:20170320085043j:plain

続きを読む

五助谷途中で断念し、十文字山へ(その3)十文字山

ハイキング 六甲山(南エリア)

五助谷撤退後、時間が少しあったので十文字山方面から下りました。住吉道より南のエリアは道が整備されて歩きやすく、のんびりした山歩きにはちょうどいいです。
f:id:Hanamaru:20170318133539j:plain

続きを読む

五助谷途中で断念し、十文字山へ(その1)五助滝で撤退

ハイキング 六甲山(南エリア)

五助谷に降りてからは、荒れ気味のガレ場ながらそれほど危険個所なく、五助滝まで来ることができました。一番心配していた五助滝の巻き道ですが、最後の2mほどが安全に通れる確信が持てなく、撤退となりました。ここが自分一人が安全に進める、限界ラインでしょう。
f:id:Hanamaru:20170318123635j:plain

続きを読む

五助谷途中で断念し、十文字山へ(その1)石切道から五助谷へのトラバース道

ハイキング 六甲山(南エリア)

住吉川系は西山谷をはじめ、大月地獄谷、五助谷、西滝ヶ谷とスリリングでリスキーな谷ばかりです。このエリアを一人で行くのは危ないだろうと避けてきましたが、五助谷や西滝ヶ谷でれば何とか行けそう。ということで今回は五助谷を進むことにしました。石切道からトラバース道を下ると、ちょうど指差岩が姿を見せました。
f:id:Hanamaru:20170318120226j:plain

続きを読む