読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石楠花谷から大池地獄谷へのハイキング(その3)大池地獄谷後半

ハイキング 六甲山(北エリア)

堰堤を越えてからは歩きやすい沢沿いの道が続きます。去年はスルーした地獄大滝も見ることができました。しかし、最後の堰堤越ると、またどぶ臭いエリアが待ってました。間が良くても、最初と最後がこれでは、魅力が半減するなあ。
f:id:Hanamaru:20160802113039j:plain

地獄大滝を見るには、登山道から外れないといけません。今回は大きな巻き道の部分で道を外れ、少し歩くとついに見えてきました。
f:id:Hanamaru:20160802112322j:plain

地獄大瀧は、ゆるやかな角度の滑滝です。滝壺周辺は暗いのですが、落ち口は日が当たりとても明るい。写真を撮るとどうしても落ち口が白飛びしてしまう。
f:id:Hanamaru:20160802112835j:plain

落ち口を外したほうが、きれいに撮れる。
f:id:Hanamaru:20160802113039j:plain

登山道に戻り、沢を進みます。滑床が中心ですが、さして危ない所もなく、靴が濡れることもなく、テンポよく進めます。
f:id:Hanamaru:20160802113848j:plain

左側にロープがありますが、ロープなしで余裕で通れます。
f:id:Hanamaru:20160802114102j:plain

この場所で沢が大きく左に曲がっています。
f:id:Hanamaru:20160802114400j:plain

水量少なくなりましたが、それでも見応えある滝は続きます。
f:id:Hanamaru:20160802114625j:plain

これも結構大き目の滝です。
f:id:Hanamaru:20160802115025j:plain

案内標識が至る所で出てくるので、迷うことはありません。逆に言うと、標識がなくなれば、迷ったと思って良さそう。
f:id:Hanamaru:20160802115231j:plain

ゴルジュ状の小滝が。
f:id:Hanamaru:20160802120047j:plain

水量かなり減り、苔が増え、深い森の雰囲気になってきました。
f:id:Hanamaru:20160802121120j:plain

最後の堰堤を越えます。
f:id:Hanamaru:20160802121558j:plain

ここの堰堤上流も水没していると思っていましたが、水は溜まっていません。しかしながら、かなりドブ臭い上に、沢は汚い泥が堆積している。反対側に道が見えますが、こんなとこ、越えたくない・・・
仕方ないので、巻き道らしき所を通り、泥のない上流にいったん進み、沢を渡りました。
f:id:Hanamaru:20160802121644j:plain

沢から離れ、最後の登りです。ここは直進しましたが、正解は左でした。1年前は標識を確認してちゃんと左を通っていました。確認不足です。
f:id:Hanamaru:20160802122435j:plain

それでも、ノースロードに出ましたが、何の標識もありません。
f:id:Hanamaru:20160802122639j:plain

ノースロードを東に進むと、本来の地獄谷の出口がありました。
f:id:Hanamaru:20160802123108j:plain

そのままシュラインロードを下り、からとの湯に到着です。逢山峡では、家族がバーベキューしてました。
f:id:Hanamaru:20160802133500j:plain

谷道は大雨等でどうしても荒れやすく、六甲山系でも多数の谷道があるけど、ちゃんとした標識がある登山道は数えるほどしかない。その中でも沢の雰囲気を堪能できる大池持続谷は貴重な谷道です。だからこそ、最初と最後のどぶ臭さは残念でなりません。何とかならないのかなあ。