読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サバイバルキットに入れておきたい携帯ノコ ~花小町~

登山時の緊急用エマージェンシーセットに何を入れるか検討中ですが、携帯ノコギリは必要だろうと、いろいろ探してみました。結果、意外にも近所のホームセンターに売ってた園芸用折り畳みノコ「花小町」が、採用されました。園芸用と言えども、携帯性、軽さ、切断能力とも申し分ありません。

アルスコーポレーション 花小町(レッド) IK-10-R

アルスコーポレーション 花小町(レッド) IK-10-R

そもそも、最初の採用予定だったのは、ワイヤーソーです。コンパクトですし、重さも30g程度と申し分ありません。でも、こういう緊急用のものはネットで買うのも心配だったので、サバイバル関係の品ぞろえ豊富な、神戸元町のイカリヤに行きました。
f:id:Hanamaru:20160710130853j:plain

たまたまワイヤーソーは売り切れていたんですが、店員さんの話しでは、「ワイヤーソーは使いこなすのにコツがいりますし、すぐにワイヤー部分が切れますよ。3本くらいダメにするつもりで練習しないと使いこなせません。ので、あまりお勧めしません」とはっきり。さすがイカリヤ。ギアの性能に関してかなりはっきり言ってくれるので、逆に信用できます。そして1個だけ携帯用折り畳みノコが置いてあり、これのほうが実用的でしょうと。1440円とほどほどの値段だったので、購入しました。
でもこれ、amazonでは結構な値段で売られている。

Pocket Sierra Saw

Pocket Sierra Saw

これで事足りそうですが、ホームセンターにもっと良さそうなものがないか、探してみました。amazonでは、折り畳みノコでシルキーポケットボーイというのが折り畳み状態の長さ13cmでレビューも比較的良さそうだった。でも実際見て見ると、幅、厚みとも結構な大きさで、重量は265gと予想以上にデカい。値段も2000円以上したので、あきらめました。ポケットには入りますが、重量や体積をできるだけ減らしたいエマージェンシーセットには厳しい。他にも似たような折り畳みノコありましたが、重量や大きさは似たようなものでした。
f:id:Hanamaru:20170129123404j:plain

そして購入した「花小町」があったのは、意外にも園芸売り場です。生け花、盆栽用等と書かれてますが、サイズ感や値段も先日購入した折り畳みコノと同じくらいだったので、購入しました。
f:id:Hanamaru:20170129114636j:plain

花小町(上)と、先日買った折り畳みノコ(下)並べてみました。驚いたことに、形状やデザイン、ノコのロック機構など、ほとんど同じです。花小町は製造国不明ですが、下のノコは韓国製。もしかしたら同じ下請けメーカーが作っているのかも。
f:id:Hanamaru:20170129131102j:plain

刃を出したところ。刃の形状も驚くほどそっくり。これは同じものでしょう。ただし、花小町が33gに対し、黒のノコは43gと重量にやや違いがあります。これは刃でなく、持ち手の素材やデザインからくるものでしょう。
f:id:Hanamaru:20170129131140j:plain

4.5cm角の角材を試し切りしましたが、両方とも切り心地に変わりなく、40秒ほどで切れました。両方とも同じ製品と思われますが、やや軽いこと、そして何より容易に入手できることを考えると、エマージェンシーセットに入れる携帯ノコとしては、「花小町」がベストチョイスでしょう。