読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

座頭谷から樫ヶ峰へのハイキング(その4)座頭谷後半

ハイキング 六甲山(東エリア)

座頭谷のハイライトは前半だけかと勝手に思ってました。しかし後半も、というより後半のほうが見応えある岩場がたっぷりでした。こんな岩場と合体してる堰堤なんて、ここでしか見られない。
f:id:Hanamaru:20170128131713j:plain

ここは、広い河原が比較的長く続いてます。このあたりは左に道があるはずで探そうとしますが、まぶしくて道がよく分かりません。仕方なく、河原を進みます。
f:id:Hanamaru:20170128130506j:plain

土砂をせき止め、十分役割を果たして埋もれた堰堤です。そのまま歩いて乗り越えられます。
f:id:Hanamaru:20170128130904j:plain

次の堰堤は、正面突破は難しそう。
f:id:Hanamaru:20170128131119j:plain

堰堤右に岩場があるが、右から回り込んだら越えられるか。
f:id:Hanamaru:20170128131126j:plain

よく覚えてないけど、ここから堰堤越えたと思う。
f:id:Hanamaru:20170128131207j:plain

堰堤越えて、右側の谷にちょっと寄り道。これ以上進めませんでしたが、座頭谷は後半に来ても、見応えある岩場が多い。
f:id:Hanamaru:20170128131436j:plain

今度はかなり立派な岩場と合体した堰堤です。右の岩場の間から、越えれそうな気もしましたが、まずは堰堤に近づき道を探します。
f:id:Hanamaru:20170128131713j:plain

堰堤左側から登れました。
f:id:Hanamaru:20170128132009j:plain

越えると、雪に足跡が。ルートに不安がある時は、足跡見るとほっとする。
f:id:Hanamaru:20170128132125j:plain

この堰堤手前の広場は、座頭谷一番の絶景ポイントと思います。そしてふと東側の岩場を見ると、写真では見えませんが滝がありました。早速行ってみます。
f:id:Hanamaru:20170128132213j:plain

ザレた沢を登って行くと、ありました。
f:id:Hanamaru:20170128132508j:plain

これが座頭谷東滝と思います。水量乏しいものの、露岩帯での滝は珍しい。
f:id:Hanamaru:20170128132543j:plain

さっきの堰堤手前に戻り、上流を目指します。こちらの景色もなかなかです。休憩するならここが一番でしょう。
f:id:Hanamaru:20170128132158j:plain

谷がだんだん狭くなってきて、
f:id:Hanamaru:20170128133136j:plain

ここを渡渉すれば、座頭谷ともお別れです。
f:id:Hanamaru:20170128133519j:plain

座頭谷は後半、特に座頭谷東滝が見える周辺が、個人的には一番の絶景ポイントと思います。河原も広いので、ここでゆっくりコーヒー飲んで、くつろぎたかったなあ。