読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒五谷から荒地山へのハイキング(その3)荒地山

黒五谷からは六甲最高峰へは行かず、荒地山をぶらぶらして帰りました。今回初めて通った部分は、ブラックフェースの巻き道くらいです。ここはさほど急ではないんですが、迷路みたいで本来の道がどれなのかさっぱり分かりません。まだまだ荒地山には知らないところが多いです。
f:id:Hanamaru:20160927130009j:plain

魚屋道を下って、風吹岩まで来ました。午後から雨予報だったんですが、今のところ大丈夫です。
f:id:Hanamaru:20160927122002j:plain

ついでに、逆方向から万物相に寄り道です。
f:id:Hanamaru:20160927122608j:plain

ガイドブックでもよく見る、「ザ・ロックガーデン」と言えるような写真です。
f:id:Hanamaru:20160927122702j:plain

いったん中央稜に戻り、高座谷を下ってキャッスルウォールまで来ました。
f:id:Hanamaru:20160927124735j:plain

左の巻き道を進みます。多少よじ登る箇所はありますが、たいしたことはありません。
f:id:Hanamaru:20160927124921j:plain

一番登るのが大変だったところ。それでも岩梯子と比べると、何でもありません。
f:id:Hanamaru:20160927125155j:plain

荒地山の登山道に合流後、ここから枝道に入り、ブラックフェースに向かいます。
f:id:Hanamaru:20160927125737j:plain

ブラックフェースに到着。相変わらずでかい。
f:id:Hanamaru:20160927130009j:plain

左に巻き道があるということで、それらしい箇所を進みます。多少の険しさはありますが、登れなくはありません。
f:id:Hanamaru:20160927130115j:plain

この巻き道の大変なところは、途中からどれが本来の道か分からなくなり、迷路を迷っている状態となります。きつくはありませんが、不安がよぎります。
f:id:Hanamaru:20160927130352j:plain

だいぶん上まで登ったけど、どこに着くんだろう・・・
f:id:Hanamaru:20160927130606j:plain

結局、テーブルロックの少し上あたりに合流しました。テーブルロックはだれもおらず、ゆっくり休憩しました。
f:id:Hanamaru:20160927132252j:plain

荒地山登山道を下り、高座の滝あたりに降りてきました。このタイヤは何だ?
f:id:Hanamaru:20160927140937j:plain

高座の滝は、いつもより水量多めでした。
f:id:Hanamaru:20160927141045j:plain

キャッスルウォールの巻き道は登れるけど、ブラックフェースの巻き道は、あまり勧められないなあ。だれか、ボルダー群周辺の分かりやすい地図、作ってくれないかな。