読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤子谷左俣のハイキング(その1)赤子滝まで

六甲山でも最近、熱中症で搬送されることが何件かあったようです。こんな熱い時に、須磨アルプスやロックガーデンなんて行きません。今日は六甲山系でも一番お気に入りの赤子谷に行ってきました。1年ぶりですが、やはりこの谷は六甲山系で一番だと思います。
f:id:Hanamaru:20160721094552j:plain

取り付きまでは、前回と変わりないので割愛。分かりにくいんですよね。
hanamaru.hatenablog.com
hanamaru.hatenablog.com

ここが赤子谷の入口。何にも書いてない。
f:id:Hanamaru:20160721092209j:plain

古い堰堤越えた跡、少しだけ谷から離れて歩きます。正面の道は東に向かって伸びている。住宅街から入れるのかな。
f:id:Hanamaru:20160721092500j:plain

最初の渡渉箇所。赤子谷は何度となく沢を渡る。
f:id:Hanamaru:20160721092731j:plain

分岐点に到着。左俣へ進みます。
f:id:Hanamaru:20160721092820j:plain

前半は、古い堰堤がよく出てきます。
f:id:Hanamaru:20160721092953j:plain

また渡渉。良く見ると、だいたいが通れるよう石が並べられている。
f:id:Hanamaru:20160721093146j:plain

駅から30分ほどで、赤子滝が見えてきました。
f:id:Hanamaru:20160721093407j:plain

高さは5-6mくらいでしょうか。それほど大きな滝ではありませんが豪快で、落ちてくる水が岩にあたり、水しぶきがミスト状になってます。
f:id:Hanamaru:20160721094552j:plain

正面は水しぶきが強く撮影できないので、左側から撮りました。
f:id:Hanamaru:20160721094031j:plain

落ち口です。
f:id:Hanamaru:20160721094119j:plain

水しぶきの多さが、赤子滝の特徴です。
f:id:Hanamaru:20160721094326j:plain

相変わらず見事な赤子滝でした。水量がそれほど多い谷ではないので、雨上がりがおすすめです。