読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒地山・田辺谷東尾根から六甲最高峰へのハイキング(その3)田辺谷東尾根

六甲最高峰へは今までに通ったことのない、「田辺谷東尾根」というルートを通ってみました。西おたふく山もそうですが、このエリアはとにかく笹が多くて足元がよく見えません。何度かつまづきそうになりながら、最高峰近くの車道に出ました。特徴と言えば、笹しか思い浮かばないくらい、単調な道でした。
f:id:Hanamaru:20160227123307j:plain

雨ヶ峠を越え、七曲り手前で本庄橋跡を通るコース、通らないコースと分かれますが、左の通るコースに進みます。
f:id:Hanamaru:20160227122843j:plain

分岐から本庄橋跡まではほんの少しですが、その間に赤ペンキでマークされている部分が取り付きです。
f:id:Hanamaru:20160227122931j:plain

前の写真の位置から左を向くと、不明瞭ながら踏み跡があるので、入っていきます。
f:id:Hanamaru:20160227122939j:plain

かなりのマイナールートで踏み跡も不明瞭なんですが、とにかく赤ペンキのマークだらけなので、それさえ見失わなければ迷うことはありません。
f:id:Hanamaru:20160227123055j:plain

笹をかき分け、ひたすら登り斜面を進みます。つま先立ちの状態が続くので、ふくらはぎがかなり疲れます。
f:id:Hanamaru:20160227123307j:plain

足元見えない所も結構あります。つまづくくらいならいいんですが、すぐ横が切り立った斜面の箇所もあるので、踏み跡は外さないよう注意が必要です。
f:id:Hanamaru:20160227123741j:plain

後半は少しゆるやかになり、アップダウンが続きます。
f:id:Hanamaru:20160227125244j:plain

ガードレールが見えた。やっと車道に出ました。
f:id:Hanamaru:20160227130952j:plain

車道側から見ると、赤ペンキで目印されてます。六甲最高峰のすぐ近くです。
f:id:Hanamaru:20160227131021j:plain

そして六甲最高峰へ。
f:id:Hanamaru:20160227131758j:plain

ほんとは紅葉谷道行く予定だったんですが、天気が悪くなってきたので魚屋道経由で有馬温泉に抜けました。週末ということもあり、かなりの人でごったがえしてました。
f:id:Hanamaru:20160227145734j:plain

田辺谷東尾根は、登山地図にも載ってないルートを進む冒険心はくすぐられますが、あまりに単調すぎて達成感はいまいちでした。もう通らないかな。