読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒地山・田辺谷東尾根から六甲最高峰へのハイキング(その1)高座谷

ハイキング 六甲山(南エリア)

前回の荒地山探検では、結局キャッスルウォールやブラックフェースまで到達できず、そのリベンジとして荒地山を再度探検しました。今回は高座谷から登って行きましたが、ほんとここ人が通らないですね。奥高座滝は藪が少ないせいか、以前よりきれいな姿を見ることができました。
f:id:Hanamaru:20160227104750j:plain

いつも通りJR芦屋駅からスタートし、高座の滝を通り過ぎて岩尾根を少し登ったところです。左に行くと中央稜ですが、右の高座谷に進みます。
f:id:Hanamaru:20160227102211j:plain

谷沿いに登山道があり、問題なく歩ける。中央稜って、登りはいいけど下るのがちょっと大変。楽に下りたいなら高座谷を歩くのもいいかも。こんな小滝がありましたが、何とも近寄り難い。
f:id:Hanamaru:20160227102508j:plain

堰堤を左から越えます。
f:id:Hanamaru:20160227102647j:plain

2つ目の堰堤を越えたところ。すぐ先に堰堤があり、沢の右側に巻き道があるが、そのまま沢左を進んでみる。
f:id:Hanamaru:20160227103031j:plain

巻こうとしたが、通行止めでした。おとなしく、右からの巻き道を進みます。
f:id:Hanamaru:20160227103154j:plain

これはまた別の堰堤前の巻き道。正面の登りが最短距離っぽいが、スリップ注意なんて書かれている。左は遠回りっぽいので直進しましたが、別に問題ありませんでした。そもそも、この程度が進めないなら荒地山行けないでしょ。
f:id:Hanamaru:20160227103955j:plain

キャッスルウォールの分岐が現れた。右に曲がり、沢を渡ります。
f:id:Hanamaru:20160227104209j:plain

不明瞭に見えますが、踏み跡はしっかりしています。
f:id:Hanamaru:20160227104346j:plain

奥高座滝への分岐。前回は、奥高座滝に行った後、ここに戻らずに上に進んでキャッスルウォールをスルーしてしまった。今回も奥高座滝には行きますが、ちゃんとここまで戻ります。
f:id:Hanamaru:20160227104443j:plain

ちっちゃな滝を越え・・
f:id:Hanamaru:20160227104604j:plain

奥高座滝に到着。水量があるせいか、藪が少ないせいか、前回よりきれいに見えます。
f:id:Hanamaru:20160227104750j:plain

右側の支流からの滝ですが、水量かなりショボイです。良く見ると、左右の滝の間が登れそう。登るのはまた今後。
f:id:Hanamaru:20160227104744j:plain

奥高座滝まではスムーズに行けました。歩きやすさだけ見ると、中央稜や芦屋地獄谷よりいいかもしれません。何より静かで人がいないので、シーズン週末など、中央稜が渋滞する時はいいかも。