読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山伏道からシラケ谷のハイキング(その3)シラケ谷

ハイキング 六甲山(北エリア)

山伏道を過ぎた後は、シラケ谷から六甲ガーデンテラスを目指しました。前回は工事通行止めで、なだらかな前半部分しか通れませんでしたが、大変なのは後半でした。階段とは思えないような大きな段をひたすら登っていきますが、雪がかかって滑りそうで、ヒヤヒヤしました。ここは冬に通っちゃだめですね。
f:id:Hanamaru:20160210150119j:plain

茶園谷からの分岐に到着。右の道がシラケ谷です。
f:id:Hanamaru:20160210144603j:plain

土砂崩れで橋の上に沢が流れていた箇所です。治っております。
f:id:Hanamaru:20160210145508j:plain

水道施設前です。前回はここで通行止めとなってましたが、現在は通れます。
f:id:Hanamaru:20160210145655j:plain

結構広範囲に土嚢が置かれており、思ったより大きな土砂災害だったよう。
f:id:Hanamaru:20160210145932j:plain

写真左側が谷筋ですが、これ以上は進めなさそう。進めそうなのは右の尾根道ですが、階段というよりコンクリの壁が連なっている感じで、「ここ通るの?」って気持ち。しかも雪がかかっているので滑りそう。でも、他に道はなさそうなので進むことに。
f:id:Hanamaru:20160210150119j:plain

道は合っていたようですが、急斜面が延々続き、かなり大変な登りでした。大変な登りと言えば、摩耶山の黒岩尾根を思い出しますが、それ以上の急斜面。やっとのことで登り切りました。
f:id:Hanamaru:20160210151357j:plain

登りきると、こんな建物が。この辺りは別荘エリア。
f:id:Hanamaru:20160210151949j:plain

別荘エリアを抜け、ここを登ります。日陰は結構雪が残ってます。
f:id:Hanamaru:20160210152723j:plain

心経岩が出現。結構な存在感です。見えている岩面にお経が彫られています。
f:id:Hanamaru:20160210152847j:plain

この辺りも急で、こんな階段があります。
f:id:Hanamaru:20160210153231j:plain

雲ケ岩です・・が、思ったよりかなり小さい。さきほどの心経岩と比べると、大きさも存在感もかなり小さく、気を付けてないと見逃してしまいそう。形は独特なんですけどね。
f:id:Hanamaru:20160210153349j:plain

そして六甲カンツリーハウスに到着。ここから六甲ガーデンテラスを経て六甲ケーブル山上駅まで歩き、終了しました。
f:id:Hanamaru:20160210154014j:plain

逢山峡から六甲ガーデンテラスに抜けるには、たしかにこの道が一番分かりやすいと思う。しかし、途中からの登りが急すぎて、雪で滑る可能性大です。山上エリアに行くのなら、おとなしくシュラインロードを通るか、逢ケ山を経て高尾山に抜けるしかないか。仏谷も小川谷も通れなくないが荒れ荒れだし。北六甲エリアは道を選ぶのが難しい。