読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芦屋地獄谷・荒地山の探検(その4)荒地山迷走

ハイキング 六甲山(南エリア)

荒地山ボルダーエリアをいったん登り、荒地山山頂に行き、プロペラ岩を通りすぎて迷っていると、再度ボルダーエリアに来ちゃいました。予想以上に迷路で、どこがどうつながっているのか、さっぱり分かりません。しかしながら、探し求めていた「テーブルロック」には到達することができました。感動もんですよ。
f:id:Hanamaru:20151025114256j:plain

岩梯子は奥に迂回路があるそうなので、今回は迂回路を通りました。たしかに岩梯子より登りやすいんですが、本当にこのまま登っていいのか、不安感はハンパなかったです。
f:id:Hanamaru:20151025113710j:plain

そしてこのエリアをうろうろしていると・・・ついに発見しました。テーブルロックです!!見た時は感動しましたね。幸い誰もいないし、この時12時半くらいだったので、ここで昼食としました。
f:id:Hanamaru:20151025114256j:plain

写真で見るテーブルロックは、空中に突き出たように見え、「こんな怖い所で、休憩できるか」って思ってましたが、実物は全然怖くありませんでした。岩の下にはちゃんと地面がありますし、足を滑らせると落ちていくような場所ではありません。
今日の昼食は、インスタントラーメンです。食べていると3人組の方がこのテーブルロックを目指して来られ、一緒に昼食をいただきました。
f:id:Hanamaru:20151025114926j:plain

昼食後は一気に荒地山山頂へ。ここから南西方向に出ている登山道を進みます。
f:id:Hanamaru:20151025123149j:plain

まずは黒岩へ到着。素晴らしい展望ですが、残念ながら先客がおられました。いつかここで、のんびり街を眺めて見たい。
f:id:Hanamaru:20151025123831j:plain

少し戻って、プロペラ岩へ向かうと思われる道へ進みます。分岐に標識があるわけではなく、合ってるかは分かりません。
f:id:Hanamaru:20151025124008j:plain

ちょっとした岩場で展望が開け、荒地山が見えます。
f:id:Hanamaru:20151025124343j:plain

そしてここから、一気に下ります。平らな道に見えますが、結構な下りです。
f:id:Hanamaru:20151025124431j:plain

この坂を下りると、プロペラ岩が見えました。道は合っていたようですね。
f:id:Hanamaru:20151025124546j:plain

さらに下ります。道なのか、ただのガレ場なのかさっぱり分かりません。
f:id:Hanamaru:20151025125045j:plain

かなり下ったところで、左手に登りらしき道が見えました。「ブラックフェースへの道に違いない」と思い進みましたが、これがいけなかった。
f:id:Hanamaru:20151025125820j:plain

岩場を登り、だんだん展望が良くなりますが、ブラックフェースらしきものは見当たらず。
f:id:Hanamaru:20151025130121j:plain

かなり登ったところで、ボルダー群が現れました。これはもう、荒地山ボルダーエリアに入っただろうと思いますが、見覚えのない岩ばかり。いったいどこだ?
f:id:Hanamaru:20151025130637j:plain

見事な岩ですが・・・進んでも見覚えある場所に出て来ない。
f:id:Hanamaru:20151025130713j:plain

展望の良い、テラス状のボルダーで休憩している人がいました。いい場所ですが、もう一度来いと言われても来れない。
f:id:Hanamaru:20151025131141j:plain

おおっ、やっと見覚えのある岩に到着。この梯子登れば、サンデーモーニングのはず。
f:id:Hanamaru:20151025131350j:plain

やっと分かる場所に出て、そのまま岩梯子で下りました。
f:id:Hanamaru:20151025132359j:plain

ここからは高座谷に下り、高座谷沿いに下山しました。JR芦屋川駅のワッフル屋でソフトクリームいだたきました。
f:id:Hanamaru:20151025142329j:plain

こんな充実した道迷いは初めてです。迷いすぎるのも良くないですが、このエリアに関しては迷わないと発見できないことが多く、まさにアドベンチャーエリアです。