読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芦屋地獄谷・荒地山の探検(その1)芦屋地獄谷上流まで

最近、すっかり芦屋ロックガーデンにはまっています。良く考えると、JR芦屋に行くなら快速乗換なしで50分、新快速乗り換えると40分で来れちゃいます。そして今日は、迷路のようなこのエリアを、時間かけて探検しました。芦屋地獄谷は、あまり歩かれない上流まで行きましたが、少ないながらもきれいな滝がありました。この2段の滝は、地獄谷を登ってこなくても、Aケンから5分くらいで来れちゃいます。静かな谷筋が好きな方にはおすすめです。
f:id:Hanamaru:20151025095417j:plain

地獄谷入口までは割愛。滝の写真もほとんど割愛。こちらに先週の記録があります。hanamaru.hatenablog.com
hanamaru.hatenablog.com

今回は、前回巻き道を通った3つの滝を、直登しました。
これは最初に出てくる2段の滝。登れなさそうですが、下段は積まれた石を使い、右側から登れます。上段も右側から簡単に行けました。見た目で無理そうでも、近づくと登り方が見える場合が結構あります。
f:id:Hanamaru:20151017115314j:plain

これは後半に出てくる2段の滝。近づくと右側に登り口があり、簡単に登れます。
f:id:Hanamaru:20151017121011j:plain

これは滝すぐ左側を登ります。多少は濡れます。
f:id:Hanamaru:20151025093901j:plain

小便滝。この滝の支流を詰めて行けばAケンまで行けますが、今回は本流の上流を進みますので、滝すぐ左側を登り、左の枝道を進みます。
f:id:Hanamaru:20151025093955j:plain

堰堤越えて広場に来ました。巻き道の最後が崩れかけており、結構危ない。崩れたところで、広場に滑り落ちるだけですが。
f:id:Hanamaru:20151025094553j:plain

すぐに滝が現れます。小さいですがきれいな形をしています。ここは滝すぐ左側を登ります。
f:id:Hanamaru:20151025094748j:plain

静かな谷ですが、まあまあ日が入り、意外に明るいです。
f:id:Hanamaru:20151025095018j:plain

そして2段の滝が出現。これも見事です。
これは登れないだろうと思いましたが、まずは下段を登ってみます。
f:id:Hanamaru:20151025095417j:plain

下段を登ると、上段の右側に登り口がありました。結局、簡単に登れました。
f:id:Hanamaru:20151025095506j:plain

倒木のトンネルです。
f:id:Hanamaru:20151025095657j:plain

日が入ってくるので、写真がかなり見えにくい。
f:id:Hanamaru:20151025095853j:plain

ここは完全に日なたです。
これ以上は道が荒れていたのと、Aケンへの枝道が見つけられなかったので、いったん小便滝まで戻ることにしました。
f:id:Hanamaru:20151025100120j:plain

今日のロックガーデンはものすごい人で、地獄谷下流も、何人もの人とすれ違いました。それでも地獄谷上流ではほとんど人に会うことなく(1人会いましたが)、静かな谷歩きができました。強引に地獄谷を登っていっても良かったのですが、ソロなので無理せず引き返し、GPSで踏み跡を確認した後、より深く進むという方法を取りたいと思います。

ヤマレコの記録です。このような探検の場合、GPSロガーとヤマレコがあればどこを通ったか確認できるので、助かります。www.yamareco.com