読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古寺山から六甲ガーデンテラスへのハイキング(その1)古寺山の北側取り付き

当たり外れの差が大きい六甲北側の登山道ですが、懲りずに今回は唐櫃台駅より古寺山を経由して、六甲ガーデンテラスを目指しました。古寺山の山頂付近は、登山道が整備されて見所も多いのですが、なにぶん北側からの取り付きが分かりにくく、写真の部分から山に入ったものの最初は道なき道を進むはめになりました。
f:id:Hanamaru:20150509112914j:plain

今回の取り付きまでの道のりです。国土地理院の地形画像を利用していますが、300×400ピクセル以下だと申請不要で利用可能ということで、ピクセル数を落として利用させていただいています。唐櫃台駅は地図のさらに上ですが、割愛しています。
f:id:Hanamaru:20150510093852j:plain
国土地理院電子国土Web(地図画像)を使用

唐櫃台駅です。周辺にはコープ・ローソンがありますので、食料等の調達は駅周辺でも可能です。写真左(西)方向へ、道なりに進みます。
f:id:Hanamaru:20150509110149j:plain

歩き始めてすぐ、線路隔てた右側に「からとの湯」が見えます。唐櫃台駅をゴールにする時は、是非入ってみたい。200mで道が左に曲がりますが、道なりに進みます。
f:id:Hanamaru:20150509110709j:plain

突き当りに水道局の施設があります。ガイドブックでは直進して施設裏側を右に曲がるよう書かれていますが、フェンスで通り抜けでくなくなっているので、施設手前を右に曲がり、施設に沿って左に曲がります。
f:id:Hanamaru:20150509111337j:plain

これが施設に沿って左に曲がった所。左端の車奥が水道局の施設です。舗装道を進みます。
f:id:Hanamaru:20150509111809j:plain

阪神高速神戸線の高架をくぐります。少し進むとT字路に出るので、右に進みます。
f:id:Hanamaru:20150509112131j:plain

ここが地図内(2)の、大きく曲がっている場所。奥に進むと逢山峡に出ます。車道のU時カーブに沿って進みます。
f:id:Hanamaru:20150509112410j:plain

もう一度高架をくぐった所で、振り返って写真を撮りました。矢印のように進んでいます。
f:id:Hanamaru:20150509112523j:plain

少し進むと、右に料金所、左にガードレールがあります。ガードレールの奥に道がありますので進みます。
f:id:Hanamaru:20150509112742j:plain

少し広くなった所で、山側に取り付きらしき部分が3か所ほどありますが、どれもそれなりに不明瞭ではっきりしない。一度前に進んでみますが、再度車道に戻り、取り付きらしき部分はなかったです。
f:id:Hanamaru:20150509112914j:plain

仕方ないので、取り付きらしき3か所のうち、中央を進みました。右側は壊れたフェンスを越えていくので却下。左側も進めそうな感じがしたのですが・・・結局ここ以外から登るのがよかったかも。
f:id:Hanamaru:20150509113540j:plain

道があるような、ないような・・・・
赤テープの目印があったり、多少の踏み跡があるのですが、最近通った形跡が少なく、やたらと枝がからみます。
f:id:Hanamaru:20150509114721j:plain

しばらく進むと、鉄塔が出てきました。その奥に登山道が見え、ここからは明瞭な登山道となりました。
f:id:Hanamaru:20150509115435j:plain

後でガイドブックや登山地図、ネット等で調べましたが、古寺山への北側からの取り付きは、表参道、観音堂、脇参道の主に3つで、今回通った道は、そのどれでもなさそう。古寺山頂が良かっただけに、明確なメインルートがほしいところです。