読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逢山峡から有馬三山へのハイキング(その2)仏谷

逢山峡から高尾山・有馬三山へ抜けるには、逢ヶ山か仏谷のどちらかを通ることになる。どちらもマイナールートだったので、アップダウンが少なそうな仏谷を選択しましたが、甘かったです。
北六甲の谷道らしく荒れたままの場所ばかりで、うち1か所では完全に道を見失いました。頼りにしていた赤テープ目印もこの先で消えており、引き返そうかとも考えましたが、幸いにも道を発見できました。北六甲は奥が深い!
f:id:Hanamaru:20150502095431j:plain

仏道の取り付きからです。
f:id:Hanamaru:20150502092450j:plain

踏み跡は何とか見えるものの不明瞭で、藪をかき分けて進む状況。
f:id:Hanamaru:20150502092500j:plain

この道、かなりの水が流れた跡があります。
f:id:Hanamaru:20150502092759j:plain

道が広くなりましたが、地面はかなり濡れている。
f:id:Hanamaru:20150502092839j:plain

急に分岐点が。登山地図に書かれてない分岐だが、左に曲がる道は逢ヶ山の方向か?左方向にはトラ柄テープの目印、直進方向は赤テープの目印があります。マイナールートを通る場合、目印が信頼できるものかの判断が重要になってきますが、この赤テープには助けられました。赤テープに沿って直進します。
f:id:Hanamaru:20150502092947j:plain

小さな谷沿いを進みます。
f:id:Hanamaru:20150502093322j:plain

谷道なので、踏み跡が消えている所も結構ありましたが、そういう場所では見える所に必ず赤テープが貼ってありました。
f:id:Hanamaru:20150502093432j:plain

ここは一見直進ですが、テープは右方向に誘導しています。テープに従って進みます。
f:id:Hanamaru:20150502093634j:plain

砂防ダムに到着。マイナールートの場合は、砂防ダムが正確な位置確認できる場所になる。仏谷には2つの砂防ダムがあるはずですが、もう1つは見つけられず。
f:id:Hanamaru:20150502093844j:plain

谷は荒れ荒れです。
f:id:Hanamaru:20150502094202j:plain

土管?こんな所に土管が通っていたのか。
f:id:Hanamaru:20150502094306j:plain

崩落個所も結構ありました。
f:id:Hanamaru:20150502094426j:plain

倒木が道を塞いでいましたが、ここに赤テープがあるということは、乗り越えるしかなかそう。
f:id:Hanamaru:20150502094443j:plain

そしてここが、土砂・砂利が最も多い場所です。しかも谷は左方向、前方と2つに分かれています。○印の部分に赤テープがありますが、そこから先は途切れており、どう進んでいいか分からなくなりました。安易に進んだら迷いそうなので、ここはじっくりとテープと踏み跡を探すことにしました。
f:id:Hanamaru:20150502095339j:plain

これが最後の赤テープの場所。テープに沿って谷筋の右側に入っていきましたが、結局踏み跡は見つからずに断念。
f:id:Hanamaru:20150502095431j:plain

結局、直進方向が一番踏み跡らしかったので、赤テープないものの様子を見に行くことにしました。前方に黄色テープが見えますが、これの信頼性は不明。
f:id:Hanamaru:20150502100041j:plain

さらに谷が二つに分かれています。まずは左側の様子を見に行くと・・
f:id:Hanamaru:20150502100126j:plain

おお~、赤テープ発見。この道を進みます。
f:id:Hanamaru:20150502100144j:plain

そのすぐ先で、「仏谷」の看板を発見。合っているようだ。
f:id:Hanamaru:20150502100219j:plain

谷の登りがだんだん険しくなってきました。かなり歩きにくいが、気にせず進みます。
f:id:Hanamaru:20150502100452j:plain

登り切ったところで笹がいっぱい出てきました。笹の間の狭い道を通り抜けると、
f:id:Hanamaru:20150502100707j:plain

仏谷峠に到着!!
f:id:Hanamaru:20150502100727j:plain

いや~、仏谷は思った以上に大変な谷道でした。このエリアは他にもマイナールートが多く存在し、通ってみたい気持ちがある一方、「大丈夫かな」という不安もある。地図見ただけではどの程度はっきりした登山どうなのかが分からない。困ったものだ。