読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高雄山・桜谷道から摩耶山へのハイキング(その3)桜谷道→摩耶山

桜谷道から摩耶山上までは、文字通り谷道中心であり、最後の最後まで沢沿いに進みました。写真の所は摩耶山頂のすぐ北側ですが、源流が湧き出している所と思われます。ここから沢の流れはいったん北に回って生田川に合流し、最後は布引の滝に到着することを考えると、生田川流域の谷はいかに深いか、よく分かります。
f:id:Hanamaru:20150425184043j:plain

桜谷出会の分岐です。右の階段を昇り、桜谷道を進みます。
f:id:Hanamaru:20150425180938j:plain

きれいな沢に沿って進みます。
f:id:Hanamaru:20150425181744j:plain

思った以上になだらかで、多少の登りはありますが、平坦な部分も結構ありました。そして登りの多くは階段になっており、歩きにくいと感じる所はなかったです。昔から登山道として使われていた様子が随所に見られました。
f:id:Hanamaru:20150425182252j:plain

日がだいぶん傾いてきた。日没まであと20分ほど。
f:id:Hanamaru:20150425183210j:plain

そう思っていると、黒岩尾根との分岐に来ました。この分岐があるってことは山頂は近いと思われる。
f:id:Hanamaru:20150425183504j:plain

分岐が増えてきた。もう山頂エリアです。橋を渡らず右に進みます。
f:id:Hanamaru:20150425183721j:plain

ここが桜谷を流れる沢の源流。「産湯の井」というらしい。
f:id:Hanamaru:20150425184043j:plain

これがその説明。
f:id:Hanamaru:20150425184032j:plain

あと階段少し登れば山頂だ。
f:id:Hanamaru:20150425184152j:plain

縦走路に合流。青谷・上野道が合流する部分のちょうど正面でした。
f:id:Hanamaru:20150425184237j:plain

掬星台まではすぐです。今日は何かイベントあったらしく、日暮れ時にも関わらず、結構な人でした。
f:id:Hanamaru:20150425184448j:plain

帰りは摩耶ロープウェイ、摩耶ケーブルを使って下りました。下りる人もいっぱいでしたが、今から上ってくる人も結構います。夜景を見に来ているのかな。
f:id:Hanamaru:20150425185038j:plain

以上で今回のハイキングは終了です。トータル3時間でしたが、桜谷出会から摩耶山までは40分と比較的早く登れました。この桜谷道は摩耶山へ上る登山道と比べてもかなりなだらかで、自分が登った摩耶山登山道の中では、縦走路(稲妻坂、天狗道)を抜いて、ベストコースです。普通に登るとしたら、新神戸から市ヶ原、トエンティクロスを通るルートになると思いますが、3時間くらいかかるがつらい登りがほとんどなく、谷道の変化を楽しみながら標高約700mもの摩耶山を登れる、かなりおすすめのコースです。