読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深戸谷から水無滝・逢ヶ山へのハイキング(その2)深戸谷後半

ゴルジュ、無名滝を越え、谷筋をしばらく歩くと、深戸滝が姿を見せました。それほど大きな滝ではありませんがバランスが素晴らしく、今まで見た滝の中では一番でしょう。普段はほとんど水のない滝らしいので、この姿を見れたのは、かなりラッキーです。

深戸谷から水無滝・逢ヶ山へのハイキング(その1)深戸谷前半

冬は虫やヘビもいなく、藪も少ない。普段行けないようなアドベンチャーなルートが行ける季節です。今日は肌寒い日ではありましたが、深戸谷から水無滝・逢ヶ山に行って来ました。深戸谷は情報が少なく、堰堤越えでの滑り落ちそうな斜面に嫌気がさしましたが…

六甲連山バイブル、購入しました!

知る人ぞ知る、六甲山のことを最も詳細に書いている「六甲連山バイブル」。欲しかったのですが、自費出版で本屋やamazonでは購入できず、神戸市立の図書館で借りては読んでいましたが、今回、思い立って「神戸アーカイブ写真館」まで直接買いに行きました。…

アイスロードからシュラインロードへのハイキング(その3)シュラインロード→長尾谷

前ヶ辻からは、いつも通ってるシュラインロードを下り、長尾谷を下ってみました。小滝が多く見応え十分の谷ですが、今回、横からしか見たことない2段滝を、初めて正面から見ることができました。雰囲気の良い谷ですが、下るのは結構難儀だったので、登りで楽…

アイスロードからシュラインロードへのハイキング(その2)アイスロード後半

アイスロードは最後までこれといった難所もなく、とても歩きやすいコースでした。間もなく山上エリアという所で、大きな崩壊があっただろう場所がありました。ここの修復に時間がかかったんでしょうね。

アイスロードからシュラインロードへのハイキング(その1)アイスロード前半

久しぶりに1日フリーの日なので白水尾根に登ろうと思ったんですが、家を出るのが昼近くになってしまい、近場のアイスロードに登ることにしました。最初は舗装路を歩きますが、その道中で弁天滝が見えます。落差もあり見事な滝ですが、周りの景観がかなり残念…

​六甲の、個人的絶景ポイントベスト20

六甲の絶景ポイントベスト10に続き、11位から20位です。こちらは滝よりも、景色の良い展望ポイントが多めです。空と、海と、街と、山のコントラストは、六甲山ならではです。

六甲の、個人的絶景ポイントベスト10

六甲山系はスケールの大きな山ではありませんが、歩いているとふいに絶景に出会うとこがあります。布引の滝や掬星台からの夜景は知られていますが、それ以外にも探せば見所いっぱいです。その中で、個人的に気に入った絶景ポイントベスト10を選んでみました。

入れないよりマシ ~トラベル衣類用圧縮袋M~

ダイソーで購入した、トラベル衣類用圧縮袋をしょっちゅう使ってる。圧縮されている間は密封されているだろうから、多少の防水性は期待できる。そして当然、圧縮する分容積を減らせるのでバックパックに入れやすくなる。100円で2枚買えるんだから、ないより…

武田尾から大峰山・中山方面ハイキング、途中で道迷い(その3安倉山周辺迷走

やっと本来の登山道に戻りましたが、またすぐに道を外れました。今回は目的地である中山エリアにも行けず、「安倉山」という聞いたこともない山域で迷走しました。迷ったあげく、誰もしらないであろう展望ポイントを見つけたのが唯一の収穫です。

武田尾から大峰山・中山方面ハイキング、途中で道迷い(その2)大峰山周辺迷走

桜の園エリアは道が明瞭でしたが、大峰山への登山道へ入る時、道を間違えたようです。はっきりとは分かりませんが、おそらく写真の場所が間違いポイントでしょう。とんだ大回りです。

武田尾から大峰山・中山方面ハイキング、途中で道迷い(その1)武田尾

六甲山ばっか登ってましたが、行動範囲を少し広げようと思い、今回は宝塚の大峰山・中山方面を歩きました。よく歩かれてる場所だから大丈夫だろうと思ってましたが、甘かったです。まさかの両ピークとも到達できず、最後はゴルフ場に迷い込んでしまいました…

船坂谷から清水谷へのハイキング(その3)船坂谷後半~清水谷

沢から離れるともう後半です。きついアップダウンの繰り返しですが、以前よりは体力ついてるようで、いつの間にか縦走路に合流してました。東六甲縦走路を東に進み、船坂峠より清水谷を下り、船坂へ戻りました。船坂はおしゃれなカフェや飲食店がいくつかあ…

船坂谷から清水谷へのハイキング(その2)船坂谷中盤

船坂谷と言えば川上ノ滝。谷で唯一の滝ですし、見事ではありますが、自分的にはV字谷の部分をハイライトとして押したいです。こういうV字谷って、六甲の中では珍しいですよね。

船坂谷から清水谷へのハイキング(その1)船坂谷前半

六甲を西側から見て、一番交通の便が悪そうなのが船坂谷です。2年前に一度行ったきりですが、どうしてももう一度通りたくなり、頑張って行ってきました。船坂は、ビエンナーレ開催中でした。

個人的には使い心地良好 ~VISIONPEAKS 3GK-125(トレッキングポール)~

ヒマラヤスポーツで購入したトレッキングポールを使ってみました。使うことが初めてなので他の製品と比較できませんが、使い心地良く満足な製品でした。見た目や重さなど比較できる部分から見ても、これでいいんじゃないでしょうか。

明石から北六甲へは一番お得 ~明石おでかけきっぷ~

芦屋など六甲南側は通勤定期があるのでそれほど交通費がかかりませんが、有馬温泉へ抜けて帰ったり北六甲から登る場合は神戸電鉄を使うので結構お金がかかる。お得な企画乗車券がないかと探したがあまり見つからず、唯一使えそうなのが「明石おでかけきっぷ…

登山使用には、いま一歩 ~藤和 ストレッチタフメンズパンツ ~

登山用のパンツは安くても1万円前後する。登山使用に耐えられる、もうちょっと安いパンツないかと思い、作業服ブランドをいろいろ調べ、藤和のストレッチタフメンズパンツに行きついた。実際の売値が4500円とアウトドアショップのパンツより半額近くで購入で…

下北沢のボーズマンに行ってきました

東京での会議ついでに、下北沢のボーズマンに行ってきました。小さなお店の中に、所狭しと厳選されたアウトドアグッズが並べられてました。下北沢って街も、小さなお店が多く、雰囲気の良い楽しい街でした。

低山ハイクの必需品 ~小サイズのうちわ~

普通のうちわサイズより一回り小さい、このうちわ。特に夏場の低山ハイクでは必需品です。街頭で配布していたら、もらいましょう。

須磨浦公園から鵯越までの縦走トレ

今年の六甲全山縦走大会は、日程が合わず申し込みしませんでした。でも、10-11月に一人で縦走したいと思っているので、縦走時と同じ時間帯で須磨浦公園から鵯越を歩きました。歩きはしましたけど、何だかモチベーションがあまり上がりません。今年は一人縦走…

鬼ヶ島から六甲最高峰へのハイキング(その3)水無山~六甲最高峰~有馬温泉

鬼ヶ島からちょっと歩くと水無山で、展望スポットは古寺山に匹敵するくらいの見事な景色でした。そこから高尾山、番匠屋畑尾根と厳しいアップダウンを通り抜け、六甲最高峰まで足を延ばしました。六甲山はもう秋です。

鬼ヶ島から六甲最高峰へのハイキング(その2)鬼ヶ島

前半は多少苦戦したものの、後半からは明瞭な道で楽しみながら登れました。ついに見れました、マザーツリーです。

鬼ヶ島から六甲最高峰へのハイキング(その1)鬼が島登山道入口まで

ずっと前から行きたかった鬼ヶ島へ、ようやく行ってきました。ルートファインディングが難しそうなイメージがあり、たしかに前半は何カ所か迷う所がありました。標識があっても、朽ち果てていて役には立たず。こういう時って、ヤマレコが一番役に立つ。

秋山に行こう!セール ~ヒマラヤスポーツ~

ヒマラヤスポーツは、11月27日(日)まで、「秋山に行こう!」セールです。VISIONPEAKS限定ですが、ザックやシューズ、トレッキングポールがお安くなっています。やっぱ、ヒマラヤスポーツは侮れない。

阪神・明石1dayチケットでアウトドアショップめぐり

好日山荘やモンベルは電車で難なく行けるが、スポーツ関係のチェーン店は駅近なところが少ない。普段車を使わない私としては、電車だけで行けないものか調べてみたところ、意外にも阪神電車沿線に駅近のチェーン店が多いことが分かった。全てを回れないが、…

スポーツオーソリティ西宮今津店は、関西最大級だった

少し遠かったのですが、スポーツオーソリティの西宮今津店に行ってきました。ファミリーキャンプ中心の品ぞろえではありますが、商品の種類も多く、いろんなものを展示してくれています。ハイキング関係は少ないながらも、アウトドアショップとしては関西最…

ヒマラヤスポーツは、不便ながらも要チェック

WILD-1に行ったついでに、ヒマラヤスポーツの茨木店にも寄ってきた。ヒマラヤスポーツは店舗数が少ない上に、京都~神戸間のJR、私鉄沿線では茨木店の1つしか選択肢がなかった。不便ながらもセール品は結構あり、時々チェックしたい店ではある。

京都宝ヶ池のWILD-1に行ってきました

WILD-1は、関東圏を中心に店舗があり、関西圏では京都宝ヶ池の1店舗のみです。興味がある商品があり実物見たかったので、遠方ながら電車で行ってきました。

黒五谷から荒地山へのハイキング(その3)荒地山

黒五谷からは六甲最高峰へは行かず、荒地山をぶらぶらして帰りました。今回初めて通った部分は、ブラックフェースの巻き道くらいです。ここはさほど急ではないんですが、迷路みたいで本来の道がどれなのかさっぱり分かりません。まだまだ荒地山には知らない…

黒五谷から荒地山へのハイキング(その2)黒五谷

黒五谷の存在すら知りませんでしたが、芦屋ゴルフクラブ手前に流れている沢なんですね。これが住吉川に合流するんだって、今回初めて知りました。最初から最後までゆるやかな流れで、特に後半部分は日本庭園みたいな雰囲気でした。沢と同じ高さを歩ける道も…

黒五谷から荒地山へのハイキング(その1)住吉道

「少し涼しくなってきたかな」と思ってましたが、今日は蒸し暑く、バテバテの山歩きとなりました。今日はお気に入りの住吉道から、黒五谷へ抜けるルートを通ってみることにしました。

ほんとによく伸びるストレッチパンツ ~SOUTH FIELD 4WAYストレッチパンツ~

スポーツデポのプライベートブランドである「SOUTH FIELD」のストレッチパンツが気になり、買う訳じゃないけど試着してみました。他のアウトドアブランドより割安なんで、それと同程度のはき心地ならいいかな、と思ってましたが、予想以上のはき心地で、見事…

赤子谷右俣のハイキング(その4)縦走路手前~阪急宝塚駅

赤子谷左俣と違い、最後の登りもそれほど急ではありません。藪もそれほどなく、どこからでの登れそうな反面、どこが本来の登山道かとても分かりにくいです。結果的には赤子谷の標識がある場所に出たので、おそらく合ってたんでしょう。

赤子谷右俣のハイキング(その3)赤子谷右俣上流

赤子谷右俣では、河原が大きく開けた場所があり、休憩するにはぴったりです。六甲最高峰へ向かうのはあきらめ、ココア飲んでのんびり過ごしました。ついでに沢に足をつけて涼もうとしてたけど、水は冷たく涼むどころではなかった。真夏に来ればよかった。

赤子谷右俣のハイキング(その2)赤子谷右俣前半

赤子谷右俣は、荒れ気味だが単調でゆるやかな沢という印象ですが、途中で不思議な人工物があります。沢の真ん中に作られた石垣様のもの、しっかりした作りですが、誰が、何のために作ったんでしょうか?

赤子谷右俣のハイキング(その1)生瀬駅~赤子谷入口

台風も過ぎ、涼しげな好天に恵まれたため、ずっと気になっていた赤子谷の右俣を歩いてきました。入口の分かりにくい赤子谷ですが、住宅街から入れる道があるらしく探しましたが、案の定迷いました。やはり一筋縄ではいかない、赤子谷でした。

カラフルで見た目は良好 ~Green Finger IQグローブ~

最近は、ホームセンターや作業着屋などを覗き、山登りで使えそうなものをよく物色している。特にグローブは、化学繊維で速乾性があり、滑り止めもついており200円くらいのものいいかと思っているが、なかなか売ってない。勝星産業のキャッチライナーは良かっ…

最近の六甲ハイキング時のウェア

もともと登山メーカーのウェアはあまり使ってない。いろいろ試行錯誤した結果、こんな感じに落ち着いている。チェストバックが一番高価です。

安価20Lクラスザックでは最強 ~ビジョンピークス プルズ24~

ヒマラヤスポーツのオリジナルブランドであるビジョンピークスのバックパック、「プルズ24」ですが、店頭で見て使い心地が良さそうだったのでamazonで購入しました。既に5回以上六甲ハイキングに使っていますが優れもので、冬以外の六甲ハイキングはこれで…

涼しかったので、須磨アルプスへ

今日は朝から寒いくらいの涼しさ。曇り空でもあったので、久しぶりに須磨アルプスへ行ってきました。たしかに風が吹くと涼しく、木陰で平坦な道は快適でしたが、登りは汗だくになりました。夏の低山はやっぱり厳しい。尾根道歩くにしても、もうちょっと標高…

紅葉谷へ涼みに散歩

今日は紅葉谷でお気に入りの蟇滝を見に行き、のんびりと過ごしました。そのついでに、滝の撮影方法をいろいろ試してきました。コンデジで滝を撮るのは限界がありますが、工夫次第でそれなりには写ります。

地蔵谷から上野道へのハイキング(その3)地蔵谷後半

地蔵谷後半は、摩耶山に到達するだけあって、結構な登りでした。それなのに水量はわずかで、見応えあるような写真はほとんどありません。それでも、この猛暑の中、熱中症にもならずに歩ける谷道は貴重です。

地蔵谷から上野道へのハイキング(その2)地蔵谷前半

ひっそりと涼しむつもりだった地蔵谷ですが、地蔵大滝前はまさかの大人数でした。こんなところで講習やるんですね。

地蔵谷から上野道へのハイキング(その1)新神戸から市ケ原

7月から谷道ばっかり歩いているので、目ぼしい所はほとんど通ってしまいました。今回はそれほど見所があるわけではありませんが、ほどほど涼しく無難に摩耶山頂へ行ける、地蔵谷を歩きました。新神戸から市ケ原までは一応谷道ですがものすごく暑く、地蔵谷に…

低山用手袋としては合格 ~勝星産業キャッチライナー~

冬以外の六甲山ではグローブしないことも多いが、水場や岩場を登った時、手をすりむくことも何度かあった。でも登山系ショップに並んでるグローブは安くても数千円かかり、しかも夏場に使えるような涼しげなものは見当たらない。そこでワークマンで購入した…

摩耶東谷のハイキング(その3)摩耶東谷後半

摩耶東谷の後半になると、沢の分岐でルートを迷う場所もありますが、時間をかけルートを判断して進みました。もともと水量の少ない谷ですし、上流になるとチョロチョロとした滝しかありませんが、結構きつい登りばかりです。特に最後のガレ場は浮いた石が多…

摩耶東谷のハイキング(その2)摩耶東谷中盤

行者滝までは行ったことありますが、そこから谷を遡上するのは初めてです。上流に行けば行くほど踏み跡は不明瞭となり、分岐ではルートファインディングが必要となってくる。難しいながらも危険個所は少なく、静かで深い谷道をゆっくり楽しめました。

摩耶東谷のハイキング(その1)摩耶東谷前半

今日の神戸市の最高気温は37.2度と、今年最高です。もちろん、六甲山を登る時は日なたや尾根道なんて行きません。ということで、今日は摩耶東谷を登りました。前半は日のよく入る滑床が多かったですが、市街地のような異常な暑さはなく、快適に歩けました。

ワークマンでいろいろ購入

アウトドアショップではありませんが、作業服等のチェーン店であるワークマンには、登山で使えそうなものがいろいろあるらしいので、近所のワークマンへ行ってきました。購入したものをまだ使ってませんが、品によっては値段の割には驚くようなクオリティで…