六甲山(北エリア)

長尾谷から古寺山へのハイキング(その2)長尾谷

長尾谷は「絶景」と呼ぶにふさわしい、すばらしい場所でした。さっきの鋒山峡とは違い登山靴で登りましたが、登山道がちゃんとあるので、濡れずに進むことができます。もちろん鍋谷ノ滝もすばらしかったのですが、林道から5分くらいで見に行けるので、秘境感…

長尾谷から古寺山へのハイキング(その1)逢山峡

逢山峡から、長尾谷を経由し古寺山へいく登山道があるらしく、涼みがてら行って来ました。予定では長尾谷を通った後、シラケ谷を経て六甲ガーデンテラスまで行く予定だったのですが、ゆっくりしずぎて断念しました。それでも連日の猛暑の中なんで、無理に進…

石楠花谷から古寺山へのハイキング(その3)シュラインロード→古寺山

ダイヤモンドポイントからはシュラインロードで北に下り、お気に入りの古寺山に寄りました。今回は南側から古寺山を攻めましたが、やっぱいいですね。このコースはピークハントするようなコースではないですが寄り道感覚でピークハントでき、達成感もまあま…

石楠花谷から古寺山へのハイキング(その2)石楠花谷後半

石楠花谷の後半は滑滝が中心で、履いてきた登山靴では滑りまくりで結構大変です。沢歩いた方が楽そうだったので、Chacoのサンダルに履き替え、沢登りしました。6月でも沢に入ると「寒い!」と感じるくらい、冷たかったです。

石楠花谷から古寺山へのハイキング(その1)石楠花谷前半

梅雨まっただ中ですが、雨は降らずに持っているので、一度行きたかった石楠花谷を歩きました。なかなか見所が多く歩きがいのある谷道でしたが、ルートファインディングが難しく、結局どこが正しい道なのかよく分かりませんでした。岩場も結構滑る場所が多く…

黒岩谷西尾根から六甲山最高峰へのハイキング(その2)筆屋道

六甲最高峰からは、魚屋道の途中から初めて筆屋道を進んでみました。しかし、う~ん・・・ もとの登山道がどんな感じだったのか、分からないくらい荒れ荒れでした。おそらく2014年8月の台風被害によるものと思いますが、いろんなものがそのままでした。何と…

石楠花山からトエンティクロスへのハイキング(その2)黄蓮谷

石楠花山から徳川道までは、黄連谷を歩きました。谷歩きということで楽しみにしていましたが、実際は尾根時々谷歩き程度で、しかもわずかの谷歩きも堰堤近くが多く、何とも言えませんでした。おそらく、堰堤ができる前は深い谷だったんでしょうね。 「ウォー…

石楠花山からトエンティクロスへのハイキング(その1)石楠花山

先週行きそびれた石楠花山に、早速行ってきました。「裏六甲の隠れた名山」などとガイドブックには書かれていましたが、う~ん、どうでしょうか・・・ 確かに石楠花山に展望台はありますが、何と言うか、周りの自然とかみ合わないような、たいそう立派なもの…

古寺山から六甲ガーデンテラスへのハイキング(その3)茶園谷→小川谷→六甲ガーデンテラス

茶園谷からは、右に分岐しているシラケ谷に向かう予定だったんですが、どこを曲がればいいか分からず、結局直進して小川谷道を最期まで進みました。名前通り谷沿いではありましたが、沢に近寄れたのは写真の所くらいで、かなり奥まで舗装された林道が続きま…

古寺山から六甲ガーデンテラスへのハイキング(その2)古寺山

取り付きでいきなり苦戦した古寺山ですが、鉄塔部分でしっかりした登山道に合流してからは、なかなかいいコースでした。しかし、思った以上に分岐が多いので、ちゃんとした地図がほしいとことです。山頂の「清盛の涼み岩」もいいですが、山頂少し西にある展…

古寺山から六甲ガーデンテラスへのハイキング(その1)古寺山の北側取り付き

当たり外れの差が大きい六甲北側の登山道ですが、懲りずに今回は唐櫃台駅より古寺山を経由して、六甲ガーデンテラスを目指しました。古寺山の山頂付近は、登山道が整備されて見所も多いのですが、なにぶん北側からの取り付きが分かりにくく、写真の部分から…

紅葉谷道が、一部区間を除いて応急復旧しました。

紅葉谷道の入口付近を通ったら、看板が変わってました。 有馬温泉近くの区間は通行止め継続ですが、極楽茶屋跡から炭屋道までは通れるみたい。これで上流にある滝を見に行くことができそう。 神戸市のホームページでも、紅葉谷道の情報が更新されていた。あ…

逢山峡から有馬三山へのハイキング(その3)有馬三山→有馬温泉

仏谷を抜ければ、急なアップダウンがあるものの、道が分からない不安感に比べると、全然楽でした。有馬三山を制覇するつもりでしたが・・・トイレに行きたくなり、最後の落葉山はスルーすることに。急ぎ足ながら、あちらこちらに大木があり、見応えのある登…

逢山峡から有馬三山へのハイキング(その2)仏谷

逢山峡から高尾山・有馬三山へ抜けるには、逢ヶ山か仏谷のどちらかを通ることになる。どちらもマイナールートだったので、アップダウンが少なそうな仏谷を選択しましたが、甘かったです。 北六甲の谷道らしく荒れたままの場所ばかりで、うち1か所では完全に…

逢山峡から有馬三山へのハイキング(その1)逢山峡→仏谷取り付き

もう1週間前になりますが、またまた北六甲に行きました。 今回は六甲山系の中では沢登りで知られる「逢山峡」を通り、有馬温泉へ抜けるルートです。まあ、水量も多く、豪快な滝も結構ありましたが・・・道と沢との距離が結構あり、沢を感じるまでには至りま…

大池地獄谷から記念碑台へのハイキング(その3)ダイヤモンドポイント→記念碑台

ノースロードに合流後は、今まで行けずだったダイヤモンドポイントへ足を延ばしました。たしかに展望は良かったのですが、展望の説明書きがある真ん前に、おばちゃん数人がレジャーシートを広げて食事中のためろくろく見れず、滞在したのは少しの間だけでし…

大池地獄谷から記念碑台へのハイキング(その2)地獄谷

神鉄大池駅から取り付きまでの道がややこしく、地獄谷に入る前は「もう、この道来ないかも」って思ってました。でも、いったん地獄谷に入ると、次々に現れる大小の滝に魅了されてしまい、見とれているうちに登り切り、大満足の谷道でした。しかしその一方で…

大池地獄谷から記念碑台へのハイキング(その1)神鉄大池駅→地獄谷取り付き

異様に雨が多くひんやりとした4月でしたが、ゴールデンウィークに入るとさすがに暑くなってきました。冬場はほとんど足を踏み入れなかった北六甲エリアですが、これから夏にかけては北六甲の季節でしょう。早速登ってきました。 最初に選んだのは神鉄大池駅…

風吹岩から六甲最高峰のハイキング(その3)魚屋道→有馬温泉

六甲最高峰からは、定番の魚屋道を下り有馬温泉に抜けました。六甲山の北側斜面にも多くの登山道があるんですが、紅葉谷道が通行止めなのと、険しく時間がかかる道が多そうで、ついつい同じ道を通ってしまいます。それほどこの道は、北側斜面の中では抜きに…

谷上駅→山田道→森林植物園→学習の森→再度公園→再度山頂→二本松→諏訪神社のハイキング

午後の休みを利用して、北から南へ再度(ふたたび)エリアを通り抜けました。このエリアは良くも悪くも人の手がかなり入っており、登山道というより公園内をハイキングした気分です。やっと念願の再度山頂に行けましたが、手作り感たっぷりの標識があるだけ…

船坂橋→船坂谷道→石宝殿→六甲最高峰→蛇谷北山→ドビワリ峠→東お多福山登山口の登山

昨日は有馬温泉に泊まり、楽しいひと時を過ごしました。「せっかく有馬に来たのだから」ということで、帰りはこちらから登山をすることにしました。この船坂谷道は、ハイキングというような簡単な道ではないため、「登山」としましたが、道を間違えた時にど…

六甲ケーブル下駅→油コブシ道→六甲ケーブル山上駅→記念碑台→前ガ辻→シュラインロード→神鉄六甲駅のハイキング

今日は娘と登山予定だったのですが、風邪を引いてしまい一人で登山することになりました。ほんとはアイスロードからシュラインロード行きたいんですが、アイスロードが台風被害の影響でいまだに通行止めなので、代わりに油コブシ道を通ることにしました。こ…

東お多福登山口→東お多福山→ドビワリ峠→七曲り→六甲最高峰→魚屋道→有馬温泉のハイキング

大晦日ですが、妻娘の二人がコナン展に出かけてしまって一人になり、天気もいいので六甲山に登りました。今回は娘と六甲最高峰に登るルート探しが目的のため、メジャールートではありませんがお多福登山口からスタートしました。ロックガーデン経由でも登れ…

阪急御影駅→六甲最高峰→有馬温泉のハイキング

今日は娘は野外学習に行っており、時間に余裕があったので、六甲山に登ることにしました。最初は石切道経由で六甲ガーデンテラスを目指していたのですが・・・登っている途中で、そちらから有馬へ下る道が通れないことが分かり、急遽コース変更し、住吉道直…