六甲山(中エリア)

長峰山から掬星台、炭ヶ谷へのハイキング(その4)掬星台~桜谷~マムシ谷~炭ヶ谷~谷上

掬星台からは、北側ルート探索のため、桜谷を下り、マムシ谷~炭ヶ谷を下りました。見所の多いエリアで登山道としては良かったのですが、残念ながら初心者向けとしては却下になりました。

長峰山から掬星台、炭ヶ谷へのハイキング(その3)長峰山~掬星台

長峰山が678m、掬星台が690mなので、高度差はさほどありませんが、ここからのアップダウンが結構多く、杣谷峠まで70m近く下り、アゴニー坂で登り返します。道は整っているので難しいわけではないんですが、気分的にはしんどいエリアです。

長峰山から掬星台、炭ヶ谷へのハイキング(その2)長峰山登山道

長峰山登山道は急登で斜面が多いですが、つづら折りになっておりそこまで大変ではありません。この登山道のいい所は明るくて市街地がちらほら見えること。急登なだけに高度が上がっているのが実感しやすく、登りがいはあります。また、高度が上がるにつれ奇…

長峰山から掬星台、炭ヶ谷へのハイキング(その1)六甲ケーブル下駅より長峰山

ここ2年ほど、六甲山へ登る回数は減っており、特に摩耶山周辺にはほとんど登っていません。今年4月にナイトハイクで鍋蓋山に登ったので9か月ぶり、一人で登るのはいつ以来か思い出せないくらいです。久しぶりに登るのは長峰山。この登山道はアクセスが悪いん…

鍋蓋山へのナイトハイク

今年の夏は、日本アルプスに何度か行ったので、久しく六甲山には登っていませんでした。8か月ぶりの六甲山は、仕事終わりに仲間とのナイトハイクでした。思ったより寒くなく、この季節のナイトハイクは十分ありでした。

トウェンティクロスからシェール道へのハイキング(その2)シェール道

シェール道に入ると、あれだけいたハイカーに出会わなくなりました。でも、道は明瞭でなだらかな登りなので、引き続き散歩気分で歩けました。生田川源流って、こんな奥にあるんですね。

トウェンティクロスからシェール道へのハイキング(その1)トウェンティクロス

冬至に近いこの季節、朝の出だしが遅いと日没がこわく、時間のかかる冒険ができません。ということで、久しぶりにベタなトウェンティクロスに行ってきました。摩耶山エリアでは、最もよく歩かれているコースと思われ、思った以上にハイカーとすれ違いました…

上野道から山寺尾根へのハイキング(その2)山寺尾根

掬星台からの予定は決めてなかったのですが、せっかくなので通ったことのない山寺尾根から下ることにしました。特に展望が開けるわけでなく、地味で急な尾根道ですが、急なだけにすぐ下山できました。

上野道から山寺尾根へのハイキング(その1)上野道

今年の夏は、あまり山歩きをしなかった。9月になって涼しくなっても、時間が合わない等で、結局あまり登れていない。でも10月15日には千ヶ峰・笠形山縦走の大会に出るので、トレーニングはしないと。ということで、久しぶりに摩耶山登ってきました。

地蔵谷から上野道へのハイキング(その3)地蔵谷後半

地蔵谷後半は、摩耶山に到達するだけあって、結構な登りでした。それなのに水量はわずかで、見応えあるような写真はほとんどありません。それでも、この猛暑の中、熱中症にもならずに歩ける谷道は貴重です。

地蔵谷から上野道へのハイキング(その2)地蔵谷前半

ひっそりと涼しむつもりだった地蔵谷ですが、地蔵大滝前はまさかの大人数でした。こんなところで講習やるんですね。

地蔵谷から上野道へのハイキング(その1)新神戸から市ケ原

7月から谷道ばっかり歩いているので、目ぼしい所はほとんど通ってしまいました。今回はそれほど見所があるわけではありませんが、ほどほど涼しく無難に摩耶山頂へ行ける、地蔵谷を歩きました。新神戸から市ケ原までは一応谷道ですがものすごく暑く、地蔵谷に…

摩耶東谷のハイキング(その3)摩耶東谷後半

摩耶東谷の後半になると、沢の分岐でルートを迷う場所もありますが、時間をかけルートを判断して進みました。もともと水量の少ない谷ですし、上流になるとチョロチョロとした滝しかありませんが、結構きつい登りばかりです。特に最後のガレ場は浮いた石が多…

摩耶東谷のハイキング(その2)摩耶東谷中盤

行者滝までは行ったことありますが、そこから谷を遡上するのは初めてです。上流に行けば行くほど踏み跡は不明瞭となり、分岐ではルートファインディングが必要となってくる。難しいながらも危険個所は少なく、静かで深い谷道をゆっくり楽しめました。

摩耶東谷のハイキング(その1)摩耶東谷前半

今日の神戸市の最高気温は37.2度と、今年最高です。もちろん、六甲山を登る時は日なたや尾根道なんて行きません。ということで、今日は摩耶東谷を登りました。前半は日のよく入る滑床が多かったですが、市街地のような異常な暑さはなく、快適に歩けました。

平野谷から鍋蓋山へのハイキング(その3)大師道

鍋蓋山から縦走路を通り、大師道を下りました。道は整備されすぎており、物足りなさもありますが、木々の緑がとってもきれいでした。大師道の雰囲気を味わうなら、下りがおすすめです。

平野谷から鍋蓋山へのハイキング(その2)平野谷西尾根から鍋蓋山

今回は、平野谷西尾根に通行止め表示がないため、ここを進んで鍋蓋山を目指すことにしました。しかし、途中で林道らしき道を進んでしまい、いつの間にか二本松林道に合流。結局遠回りとなりました。途中で掲示されていた地図には、迷い込んだ林道書かれてな…

平野谷から鍋蓋山へのハイキング(その1)平野谷

再度山エリアには、縦走路通る以外は久しく行っていませんでした。もともと人通りの少ない登山道なのに、冬季はそれに拍車がかかり避けてたのもあります。しかし、新緑の季節は見応え十分ですので、満を持して登ってきました。残念ながら、この季節でも平野…

一人六甲全山縦走2016春

去年と同様、この季節に一人六甲全山縦走を走破しました。ちょっと肌寒い季節がちょうどいいんですが、秋と比べると日の出ている時間が長く、3月は一人で縦走するのにはベストなシーズンです。体調が十分ではなかったですが12時間半で走破でき、日没時刻ちょ…

長峰山から掬星台のハイキング(その2)天狗塚

登りは多少急な長峰山ではありますが、それを差し引いても登る価値のある、すばらしい展望が随所に見られます。特に山頂部の天狗塚は四方に展望が開けており、写真では表現できないすばらしい景色でした。ここを独り占めして食べるカップラーメンは、最高で…

長峰山から掬星台のハイキング(その1)長峰山登山口

六甲全山縦走が終わってから、もう1か月以上六甲山に登ってない。久しぶりに何もない土曜日だったので、なかなか行けずにいた長峰山に登ってきました。ピークの展望はいいように聞きますが、駅から登山口までが結構遠く、しかも住宅街なのにかなりの急坂です…

六甲全山縦走大会2015(その3)摩耶山から宝塚まで

掬星台からは山上エリアを淡々と進み、16時過ぎには一軒茶屋に到着しました。この時点で結構な雨が降ってましたが、迷わず宝塚を目指しました。何度か通った道ですが、雨の日は格段に厳しいコースとなり、よくこけずに最後まで行けたと思います。ゴールで認…

六甲全山縦走大会2015(その2)鵯越から摩耶山まで

高取山を越えると目立った行列は減り、だんだん自分のペースで歩けるようになってきます。しかし、雨が降ったりやんだりを繰り返し、なかなか苦しめられました。気温が比較的高いのも困ったもので、レインウェア着っぱなしでは暑すぎて、ウェア調整が非常に…

菊水山から摩耶山の、縦走トレーニング(その2)鍋蓋山→市ヶ原→掬星台

後半は心配した摩耶山です。だらだらとした登りが精神的には疲れましたが、意外にタイムは早かったです。体力もついてきてますが、体の使い方が良くなり、体力のロスを減らせているのも大きいと思います。摩耶ロープウェイ星の駅2階にある、摩耶ビューテラス…

菊水山から摩耶山の、縦走トレーニング(その1)鵯越→菊水山→鍋蓋山

11月8日の六甲全山縦走大会に無事エントリーでき、今日から大会に向けたトレーニング開始です。4月に行った一人縦走では、摩耶山への登りが一番きつかったので、鵯越からスタートし、ある程度疲れた状態で摩耶山を登りました。意外とタイムは良かったんです…

摩耶山へのナイトハイク

夏場は暑くて谷歩きしかできない。でも、谷に行こうとしたら遠方になり、時間のある時しか行けない。では、夜に歩いたら涼しいのでは?ということで、仕事終わってから摩耶山にナイトハイクに行ってきました。 結果は、それほど暑くもなかったが涼しいほどで…

台風11号による六甲山の通行規制情報(2015年7月18日時点)

神戸市のホームページに、台風11号による通行止め状況が掲載された。 市ヶ原にかかる橋は流失した様子。山田道も橋流失により通行止め。 摩耶山周囲の谷道は通行しないよう書かれているが、被害状況は分からず。 夏場は谷歩きしようと思っていただけに、残念…

石楠花山からトエンティクロスへのハイキング(その3)トエンティクロス

久々のトエンティクロス、しかも下りのは初めてです。最初に通った時はカメラを持ってこず、撮影していませんでしたが、見事に道の様子を忘れてましたね。ほとんど堰堤ないと思っていたけど、結構な数を越え、それなりに高低差もあります。何で坂道ほとんど…

高雄山・桜谷道から摩耶山へのハイキング(その3)桜谷道→摩耶山

桜谷道から摩耶山上までは、文字通り谷道中心であり、最後の最後まで沢沿いに進みました。写真の所は摩耶山頂のすぐ北側ですが、源流が湧き出している所と思われます。ここから沢の流れはいったん北に回って生田川に合流し、最後は布引の滝に到着することを…

高雄山・桜谷道から摩耶山へのハイキング(その2)森林管理道→徳川道→桜谷分岐

森林管理道を通りトエンティクロス合流までの間は、起伏のある森林道でした。そして合流から桜谷出会までの間は、幅の広いゆったりした谷道になります。南ドントリッジがどこかは不明なままですが、北ドントリッジはおそらくこの森林管理道と思われます。こ…