ハイキング

初ハイク2人と、ロックガーデンから六甲最高峰へ

もともと1人で始めた山歩きですが、最近は一緒に登ってくれる人も増え、1人で歩く頻度が減りました。今回は山歩きがほぼ初めての後輩2人を引き連れて、ロックガーデンから六甲最高峰、有馬温泉と、ベタルートを歩きました。海抜30mから900mほど登るので、そ…

紅葉谷氷瀑2020は、何とか凍っている程度

昨シーズンは暖冬のため一度もチャンスなし。今年も暖冬で無理かなと思ってましたが、2月に入ってようやく寒波到来。来週からは暖かくなるので、おそらくこれが最初で最後のチャンス。ということで行ってきました。氷瀑の育ち具合はまだまだですが、凍っては…

鬼ヶ島から有馬三山へのハイキング(その3)有馬三山

結局、有馬三山縦走路に出るまで、標識は一切ありませんでした。有馬三山縦走路は久しぶりに歩きましたが、アップダウン多いものの歩きがいのある、いい登山道でした。人が少ないのが残念ですが、今回はトレランの方と結構すれ違いました。

鬼ヶ島から有馬三山へのハイキング(その2)鬼ヶ島~水無山

鬼ヶ島と言えば、マザーツリー。何度見ても迫力十分です。この登山道は人とほとんど会わない静かなエリアですが、雰囲気のいい道です。しかしながら、今まであった標識が全て無くなっている・・・

鬼ヶ島から有馬三山へのハイキング(その1)有馬口駅~鬼ヶ島登山道入口

自分の車を買ったことだし、今回は有馬口まで車で行き、鬼ヶ島から高尾山を登り、有馬三山を下ることにしました。このエリアを歩くのは3年ぶりですが、いろんな所が様変わりしており、とまどいました。

大岩ガ岳へのハイキング2019(その2)大岩ガ岳山頂

アップダウンありながらも、景色の変化に富んでおり、飽きさせない登山道です。山頂の展望も良いですが、晴れならもっと良かったのに。春か秋の季節の良い時に、もう一度登ってみたいです。

大岩ガ岳へのハイキング2019(その1)登山道前半

2019年最後の登山は大岩ヶ岳。標高384mと高い山ではないですが、変化に富んだコースで歩きごたえがあり、久しぶりに歩いてみました。うっそうとした森の雰囲気あり、日の差し込む展望の良い箇所ありと見所十分ですが、4~5月に歩くと、もっと気持ちいいでし…

長峰山から掬星台、炭ヶ谷へのハイキング(その4)掬星台~桜谷~マムシ谷~炭ヶ谷~谷上

掬星台からは、北側ルート探索のため、桜谷を下り、マムシ谷~炭ヶ谷を下りました。見所の多いエリアで登山道としては良かったのですが、残念ながら初心者向けとしては却下になりました。

長峰山から掬星台、炭ヶ谷へのハイキング(その3)長峰山~掬星台

長峰山が678m、掬星台が690mなので、高度差はさほどありませんが、ここからのアップダウンが結構多く、杣谷峠まで70m近く下り、アゴニー坂で登り返します。道は整っているので難しいわけではないんですが、気分的にはしんどいエリアです。

長峰山から掬星台、炭ヶ谷へのハイキング(その2)長峰山登山道

長峰山登山道は急登で斜面が多いですが、つづら折りになっておりそこまで大変ではありません。この登山道のいい所は明るくて市街地がちらほら見えること。急登なだけに高度が上がっているのが実感しやすく、登りがいはあります。また、高度が上がるにつれ奇…

長峰山から掬星台、炭ヶ谷へのハイキング(その1)六甲ケーブル下駅より長峰山

ここ2年ほど、六甲山へ登る回数は減っており、特に摩耶山周辺にはほとんど登っていません。今年4月にナイトハイクで鍋蓋山に登ったので9か月ぶり、一人で登るのはいつ以来か思い出せないくらいです。久しぶりに登るのは長峰山。この登山道はアクセスが悪いん…

菊水山へのナイトハイク

半年に一度の恒例となっています、六甲山へのナイトハイクに行ってきました。夜に菊水山に登るのは初めてですが、夜景最高。すき焼きもめちゃ美味しく、寒いながら大満足でした。

C懸探しにロックガーデンへ

最近はがっつり登るより、散歩気分で六甲山行くことが増えました。そんな時は決まってロックガーデン。いろんなコースを楽しめるし、疲れたらすぐ下山できます。あらためてロックガーデンっていい場所だなあ、って思ってます。ただし、目標のC懸を登ることは…

立て続けに、ロックガーデン探検(その3)奥高座滝周辺

今度は奥高座谷に下り、奥高座滝周辺の探索です。このエリアはほんと複雑で、今回歩いてようやく位置関係が少し分かってきました。

立て続けに、ロックガーデン探検(その2)A懸垂岩

地獄谷で巻き道探し終わった後は、A懸垂岩周辺の道探しです。どうも、小便滝あたりから直接A懸に登れるらしく、探したらあっさり見つかりました。しかも、ピーク南側のエリアは結構広く、ここを目標にして登ってもいいくらい。いい場所見つけました。

立て続けに、ロックガーデン探検(その1)芦屋地獄谷

2日前にロックガーデン行きましたが、またロックガーデンです。迷路のような場所なので、何度行っても分からないとこだらけで、ちゃんと確認しながら歩いてみよう、と思い立ち、まずは芦屋地獄谷の巻き道探しです。

雨上がりのロックガーデン散歩

久しぶりのロックガーデン散歩です。朝から雨降っていたのであきらめてたのですが、雨が上がり、急遽登ることに。雨のおかげで結構涼しく、9月にしては快適な登山でした。ぼちぼち、六甲山登れる季節になってきました。

南アルプス 鳳凰三山から早川尾根の縦走(その7)栗沢山~北沢峠

アサヨ峰から栗沢山までは無心で歩きましたが、写真を見ると結構な奇岩ばかりの稜線でです。晴れた日に来たかったが、曇りは曇りで、幻想的な雰囲気ではあった。

南アルプス 鳳凰三山から早川尾根の縦走(その6)早川尾根小屋~アサヨ峰

どうするか迷いましたが、結局アサヨ峰を目指すことに。アップダウンの多い稜線でしたが、意外にもアサヨ峰まではハイペースで登ることができました。ようやくゴールが見えてきた。

南アルプス 鳳凰三山から早川尾根の縦走(その5)白鳳峠~広河原峠

このエリアは、広河原に下りれる道があるので、エスケープしようと思えばできます。「ここまで来たからいいか」「いやいや、もうちょっと」と、視界が良くない中、心の中で格闘しながらひたすら歩きます。

南アルプス 鳳凰三山から早川尾根の縦走(その4)高嶺~白鳳峠

しっかりした登山道と言えども、マイナールートなのでドキドキです。ただし、北岳の周りを歩くようなルートのため、雲さえ晴れれば、北岳の展望は抜群です。雲さえ晴れれば・・・

南アルプス 鳳凰三山から早川尾根の縦走(その3)オベリスク

2日目はまず、地蔵岳オベリスクに向かいます。早朝は地蔵岳周辺には雲がなく、見事なオベリスクを望むことができました。良く見る横からのアングルも良いですが、登りながら少しずつ姿を現すオベリスクもなかなかでした。

南アルプス 鳳凰三山から早川尾根の縦走(その2)薬師岳~観音岳~鳳凰小屋

露岩帯に出ると、今回のハイライトである鳳凰三山の稜線歩きです。残念ながらガスがかかっており展望いまいちですが、それでも奇岩ばかりが続いており、非日常間たっぷりの景観でした。

南アルプス 鳳凰三山から早川尾根の縦走(その1)夜叉神峠~薬師岳

今シーズン2回目の日本アルプスは、また南アルプスです。ずっと行きたかった鳳凰三山に登りましたが、前日になって急に登山口を夜叉神峠に変更し、バタバタでした。でも、夜叉神峠からの登山道、距離はありますが歩きやすく、気持ち良い森林浴ができました。

南アルプス 甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳(その4)仙丈ケ岳山頂周辺

小仙丈ケ岳から仙丈ケ岳までは、すばらしい展望が続き、自分が好きな南アルプスらしさが十分満喫できるコースでした。景色も変化に富んでおり、シャッターチャンスばかりでした。仙丈ケ岳は確実にリピートするでしょうね。そして次回はもっとゆっくり、この…

南アルプス 甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳(その3)長衛小屋テント場~小仙丈ケ岳

2日目は仙丈ケ岳に挑戦です。こちらのほうがやさしい印象ありましたが、最初の登りは結構なきつさでした。しかし森林限界を越えると一気に展望が開け、青空と緑のコントラストが眼前に広がります。

南アルプス 甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳(その2)仙水峠~甲斐駒ケ岳

仙水峠までは準備運動程度。これから駒津峰を経由して山頂へ向かいますが、次第に険しい道となっていきます。最後は巻き道を通りましたが、巻き道でもこの険しさ。足場は悪くありませんが、高度感があり、結構怖かったです。

南アルプス 甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳(その1)長衛小屋テント場~仙水峠

今シーズン最初の日本アルプスは、友人と4人で南アルプス甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳に挑戦しました。どっちの山を先に登ろうかと思いましたが、結局1日目は甲斐駒ケ岳を目指すことに。ハードな山だったので、1日目で良かったかも。

東おたふく山から住吉道のハイキング

今年に入り、ブログも登山もさっぱりです。なかなか山に登れない中、元職場の同僚たちを六甲山に案内する機会があり、久しぶりに登りました。台風過ぎた後でしたが、そこそこ涼しく、夏にしては気持ちよく登れました。

芦屋地獄谷~雨ヶ峠~東おたふく山~六甲最高峰~有馬温泉のハイキング

ブログを初めてから、更新を1か月空けることなかったのに、今回は2か月以上も更新できていませんでした。ジャーナルの原稿やら、異動があったりやらでバタバタし、このGWにやっと六甲山に登ることができました。メジャールートではありますが、少しマイナ…