澤村先生の足跡に触れる ~地域リハビリテーションと私~

リハビリテーションの世界、特に私の世代では澤村誠志先生を知らない人はいないだろう。しかし、先生がどのような足跡をたどってこられたかは、講演を聞き、本書を読むまでは、恥ずかしながら知らないことが多かったです。地域やリハビリテーションの世界で…

リハビリテーションとBCP ~BCP(事業継続計画)入門~

昨年は西日本豪雨を始め、自然災害の多い年だった。職場にとっては災害対応が要求されるほどではなかったが、JRはじめ公共交通機関の計画運休が多く、スタッフが足りない状況になった。そこで知ったのが、BCP(事業継続計画)である。災害などが起きた時に、…

情意教育がテーマの、20年前の良書 ~効果的な情意教育の展開~

本書は最近読んだ本でなく、15年以上前に、臨床実習や職場の教育で悩んでいた頃に出合い、それ以来バイブルのように何度も目を通し、そして後輩にも引き継いできた思い出深い本です。驚いたことに、最近言われているタキソノミーや一般目標(GIO)、行動目標(S…

最も多数派なマイノリティから考える ~女性の視点で見直す人材育成~

年末に読んだフィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術 (PHPビジネス新書)以来、中原先生の著書を探しては読んでいます。その中でも特に良かったのが本書。女性と書かれているが、スタッフの多様性にどう対応するかをテーマにした本…

VBAで正規表現を使う

VBA

込み入った検索では正規表現が便利ですが、VBAで使ったことなかったので、使い方を調べ、メモとして残しておきます。

「やって見せ、~」をもうちょっと詳しく ~インストラクショナル デザイン~

「やって見せ、言って聞かせてさせてみて、誉めてやらねば人は動かじ」 有名な山本五十六の言葉です。臨床実習で指導する場合の、基本的な考え方として引用されることが多く、分かりやすいですが、見せる前にどんな説明をするのかなど、指導する場合には手が…

実習症例をまとめるための方法論に使えるか? ~ペアプログラミング~

臨床実習に症例レポートは必要か?という議論がありますが、最適解が見えてきません。少なくとも、今までのような症例レポートの方法論では難しいと思いますが、提出物となっている養成校もあり、難しいところです。症例を振り返るにしても、実習生の負担に…

プレッシャーで成長するのか ~ゆとりの法則~

最近は、トム・デマルコの本を続けて読んでいるが、今度は「ゆとりの法則」だ。要するに、プレッシャーをかけすぎても生産性は上がらず、組織の柔軟性は低下し、変化に対応できませんよ、ということが書かれている。ゆとりだけではダメですが、ゆとりをうま…

病院独特のルールを知る ~看護学生 してはいけないケースファイル~

病院は、一般社会の常識的な行動が通用しないことがあります。患者さんに良かれと思うことでもタブーは以外に多く、特に実習生は知らず知らずのうちにタブーな行動をしてしまう可能性も高い。そんな行動をまとめた本書は、看護学生向けながらも、作業療法の…

衝撃の一冊 ~長生きできる町~

今まで、自分の考え方に大きな影響を与えてくれた本は何冊かありますが、その中に加わることになる、衝撃的な本でした。健康寿命に影響を与えていることが、ビックデータからいろいろ分かり、それが私たちの直観とは違うことも多く、データから考えることの…

無難だが網羅されている一冊 ~仕事に役立つExcelデータベース~

職場の端末には、幸いWordとExcelがインストールされている。特にExcelは、VBAをうまく利用すれば業務分析や効率化が行える。今まで、Excelをデータベースとして利用する際は、かなり古い本を参考にしていた。しかし、Excelのバージョンもかなり上がり、標準…

石切道から六甲最高峰へのハイキング

お正月休みは今日で最後なんで、今年初めて六甲山に登ってきました。でも、単独で登ったのは去年の3月以来なので、10か月ぶりくらい。ほんと去年は登れなかった。もともと健康のために始めた登山なので、初心に戻り、今年は近場でいいのでもうちょっと登ろう…

今だからこそ、知っておきたい方法 ~フィードバック入門~

今年の一冊目は、いきなり良書に巡り合えた。フィードバックという方法を何となしに使っていたが、本書もしくは著者の本に、もっと早く出会っておきたかったと後悔するほどの内容でした。これは一般企業の現場教育を想定した本であるが、臨床実習教育の、そ…

教えることと主体性の矛盾に向き合う ~主体性は教えられるか~

私の好きな、岩田健太郎先生が書かれた臨床教育に関する本ですが、タイトルに示す通り「主体性」に焦点を当てられています。作業療法の世界でも臨床教育指針が示されていますが、その一方、指針通りに行えば教育がうまくいくのか、という疑問も残ります。教…

組織傾向の概念化は大事 ~アドレナリン・ジャンキー~

良し悪しは別として、医療組織って独特だと思っている。多くの専門職が、それぞれの職域や得意分野、考え方に違いがある中でチームと連携し、一人の患者さんの治療にあたる。しかし、組織的には専門職同士のつながりが強く、縦割り組織と横断的チームが複雑…

鍋蓋山へのナイトハイク

今年の夏は、日本アルプスに何度か行ったので、久しく六甲山には登っていませんでした。8か月ぶりの六甲山は、仕事終わりに仲間とのナイトハイクでした。思ったより寒くなく、この季節のナイトハイクは十分ありでした。

折立~薬師岳~雲ノ平~三俣山荘~新穂高温泉の縦走(その7)三俣山荘~新穂高温泉

2日目の夜から降り始めた雨は、3日目も降り続きました。雨でのテント泊、そして雨の中の北アルプスと、初めてづくしでしたが、何とか無事に下山できました。双六小屋から弓折乗越までの稜線は歩きがいがあり、天気良かったら気持ちいいいだろうなあ、なんて…

折立~薬師岳~雲ノ平~三俣山荘~新穂高温泉の縦走(その6)黒部源流~三俣山荘

雲ノ平を後にして、次は鷲羽岳へ向かう予定だったんですが、道を間違え黒部源流の方向へ行ってしまいました。結果的には三俣山荘に早くついたし、黒部源流周辺の紅葉を見ることができたので良かったのですが。ちゃんと分岐では地図見ないとダメですね。

折立~薬師岳~雲ノ平~三俣山荘~新穂高温泉の縦走(その5)雲ノ平

ついに来ました、あこがれの雲ノ平。今回は泊まらず、スルーするだけでしたが、それでもこの景色を堪能するには十分でした。次来た時は、絶対泊まりたい。

折立~薬師岳~雲ノ平~三俣山荘~新穂高温泉の縦走(その4)薬師沢小屋~雲ノ平

薬師沢小屋から雲ノ平までは、ゴロゴロした岩の登りをひらすら進む、単調なものでした。重い荷物をかつぎ、何度も休憩しながら登っている時、「1日目に行かなくて良かった」とつくづく思いました。

折立~薬師岳~雲ノ平~三俣山荘~新穂高温泉の縦走(その3)薬師峠~薬師沢小屋

いよいよ2日目、雲ノ平を目指します。まずは前半の薬師沢小屋までの道のり。アップダウンはあるものの、概ねゆるやかな道で、木道と沢渡渉の繰り返しでした。それにしても、薬師沢小屋はすごい所に建っている。

折立~薬師岳~雲ノ平~三俣山荘~新穂高温泉の縦走(その2)薬師岳

1日目に雲ノ平に行くことはあきらめましたが、テント場についてもまだ13時。時間が余ったので、薬師岳をピストンしました。この日はほんと天気が良く、稜線に出ると遠くまで見渡せ、すばらしい景色を見ることができました。

折立~薬師岳~雲ノ平~三俣山荘~新穂高温泉の縦走(その1)折立から太郎平小屋

今シーズン最後の北アルプスは、あこがれの雲ノ平です。天候の影響などで2泊3日の強行日程ですが2日目までは天気もよく、充実した山歩きとなりました。まずは折立から太郎平小屋までですが、思った以上にペースが上がらず、苦戦しました。1日目のうちに雲ノ…

今度は南アルプス 北岳に挑戦(その6)北岳肩ノ小屋~白根御池小屋~広河原

登頂後は一気に下ります。前半は常にガスかかっていましたが、小太郎尾根分岐を越えたあたりから急に晴れ出し、強い日差しが襲ってきました。暑さのせいでしょうか。草すべりから登って来る人みんな、きつそうな表情されてました。

今度は南アルプス 北岳に挑戦(その5)北岳山荘~北岳

次の日早朝に北岳山頂へ向かいますが、すごい風とガスで視界はほとんどなし。山頂では残念ながら展望を望むことはできませんでしたが、これも山登り。いい思い出となりました。

今度は南アルプス 北岳に挑戦(その4)八本歯のコル~北岳山荘

八本歯のコルを越えてから北岳山荘へは、若干怖い箇所もありましたが抜群の展望で、一番の見どころでした。南アルプスの稜線は、思った以上にすばらしい。登るの大変ですが、この稜線にはまた行ってみたいと思える場所でした。

今度は南アルプス 北岳に挑戦(その3)八本歯手前の急登

ここからはさらに傾斜が強くなり、丸太の階段が頻回に出てきます。そして八本歯のコルに到着すると、南側の視界が一気に開けます。南アルプスって、広くなだらかな稜線をイメージしてましたが、結構険しい所多いです。

今度は南アルプス 北岳に挑戦(その2)大樺沢雪渓

前半から登りが続いてますが、進むにつれ傾斜が厳しくなってきます。休み休みゆっくり進んでいるつもりですが、周りのハイカーも結構しんどそうで、だいたい同じペースです。景色はいいけど、きつい・・・

今度は南アルプス 北岳に挑戦(その1)広河原~大樺沢前半

先日槍ヶ岳に登りましたが、今度は南アルプスの北岳に登りました。南アルプスは森林帯が多く、スケールが大きく、ハードなイメージがありましたが、まあ、イメージ通りでした。前半は森林帯ですがかなり涼しく、5月のような気持ちいい気候の中、山頂を目指し…

北アルプス 槍ヶ岳に挑戦(その4)槍沢から上高地へ下山

下りは全く同じ槍沢を下るわけですが、同じ道でも見える景色が違い、見事な景観でした。青と、緑と白のコントラストが何とも言えない。